日記

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 本好きな子供にするには(01/27)
  3. 青梗菜の旨煮(01/10)
  4. シクラメン2(12/22)
  5. 折り紙の本(11/10)
  6. シクラメン(10/18)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本好きな子供にするには

2012.01.27(10:24)
本のブログだというのに、本の話題での更新がすっかり止まっている。

お恥ずかしいことに、このところ読書ペースが月にせいぜい2-3冊。
しかも手に取るのはエッセイとか評論、対談集などばかり。
小説を殆ど読んでいない。

なぜこんなに読書ペースが落ちてしまったのか、それは別の話だけれども
ブログの更新については記事にするネタもない
というのが正直なところ。

そして、ふと思った。
そうえば、この頃娘たちも本を読んでいない。

考えてみれば、このブログで本の記事を月に10も20もアップしていた頃、
彼女たちもかなり本を読んでいた。

私が自分用に用意したものを拝借して読むこともあれば
学校で借りたり、本屋で自分で見つけてねだることも多かった。

2人とも けっこうな読書量だったし、
そのころ読んだものは良い栄養になっているようだ。
いまでも彼女達が、何の苦労もなく国語で点数を取れるのは
多分そのころの貯金があるからだろう。

だけど、私の読書ペースが落ちたら子供の読書習慣まで消えてしまった。
親の態度が子供に反映されている。
なんなんだ。

先日読んだ河合隼雄さんの 「子どもと悪 (今ここに生きる子ども) 」 に
子供には、本を用意して「さあ読め」と促したって無理。
親は、本を鍵付きの書棚にでもしまっておけば良い。
子供は必ず親の目を盗んで本を読むから。
と書いてあった。

押し付けてもだめだけれども、
親が楽しんでいるもの、大事にしているものであれば
子供はおのずと興味を持つ ということだろう。

要は、子供に本を読ませたいと思ったら
親が本好きで読書を楽しめば良いってこと。

以前から、なんとなく分っていた事だけど、
自分の読書量が減って子供が読まなくなって実感を深めるとは
かなしいことだ。

時間を作る工夫をして自分の読書習慣を取り戻したい。

スポンサーサイト

青梗菜の旨煮

2012.01.10(15:49)
材料(4人分)
青梗菜  3-4株  ざく切り
人参    2分の1本 短冊切り
エリンギ 2ー3本  短冊切り
ほたて貝柱2-3個  薄切り
しょうが ひとかけ  みじん切り

調味料
ごま油小さじ1
塩小さじ1
砂糖小さじ1
コショウ少々
中華スープ2分の1カップ(スープの素をお湯で解く)
水溶き片栗粉適宜

SN3S0101.jpg
(材料を全部切ったところ)

1・フライパンにごま油小さじ1を熱ししょうがのみじん切りを炒める。
2・香りがたったら人参を加え1分ほど炒めたら青梗菜の茎、葉の順に入れ
  塩小さじ1を振りいれ炒める。
  続けてエリンギ、ほたても加えざっと炒めたら中華スープ2分の1カップを加える。
3.砂糖、コショウ、塩(分量外)で味を調え最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。

できあがり。

SN3S0104.jpg

シクラメン2

2011.12.22(10:16)
10月に、枯れ果てたかと思いきや復活して芽吹いてきたと写真を載せたシクラメン。
それなりにお世話をして、葉が立派に育ちました。

DSCF5168.jpg

花はいつ咲くんだろう??

折り紙の本

2011.11.10(15:44)
押入れの整理をした。
目的は、とりあえず詰め込んだまま何年もたってしまった本の処分。
おもに子供の教科書、参考書、ノートのたぐいである。

なかなか処分しづらいカテゴリなのだけど、取っておくにもスペースに限界がある。
さいきん色々なところでスペースが飽和状態になって、あふれだしているのだから仕方ない。
小学生の頃の教科書や、ほんの数ページしか使っていない練習帳、たくさんのプリント類などは
もう処分してしまっても良い時期だろう。

本棚にもプリント類が押し込まれた一角があったことを思いだし、そちらも整理。
ついでに、子供の本も整理。

うっかりするとどんどん増殖して手が付けられなくなってしまうから、
本は厳選して買っているつもり。
だから、めったに整理する必要もないと思っていたけど、改めて見てみると
「これはさすがにもう見ないな」 というものがいくつかあった。

折り紙やビーズ、粘土細工の作り方の本だ。
どれもカラー写真がいっぱいで、出来上がった作品のレイアウトなんかものっている。

これらを見ながら、子供たちとビーズの水族館を作ったり、折り紙の宝箱を作ったりしたなあ。
折り紙のカエルの飛ばしっこは、いっときずいぶんブームになったっけ。

なーんて事を思い出しながら整理していたら、なんだかしんみりしてしまった。

整理が終わってみると、けっこうな量の処分本が出た。
積み上げて計ってみたら、高さがちょうと1メートルになった。

子供と遊ぶ折り紙の本はもういらないけれど、そういえば最近の折り紙はすごいことになっているのだ。
そのうち手を出してみようか。とふと考えた。
はじめに買うのは、子供の折り紙でさんざんお世話になった山口真さんの本がいいな。

飾れる! 贈れる! かわいい花の折り紙飾れる! 贈れる! かわいい花の折り紙
(2006/09/16)
山口 真

商品詳細を見る

シクラメン

2011.10.18(21:53)
花が終わってかれこれ半年間ベランダに放置していたシクラメンの鉢。
2度目の冬を越して花をつけたものの、咲く時期もずいぶん遅かったし花も小さくなってしまった。
さすがに寿命だろうと思い、そのうち片づけるつもりで半年たってしまったわけ。

それが、ふと気づいたら、新しい葉っぱが芽吹いているではありませんか。
もう、まったく、本当に驚きました。
半年間ただの1度の水やりもしていなかったので、鉢はからからに乾いてとても軽い。
その鉢の枯れ果てた葉の間から、濃い緑の新しい葉が何本も突き出してました。

とりあえず、枯れた葉や茎をすべて取り除き、からからの土に水分を含ませるため
水を張った洗面器に鉢をつけこむ。

mini_111013_13250002_convert_20111013162107.jpg

↑なんとなく蘇ったシクラメン。

クリスマスごろ花屋の店先に並ぶ立派なシクラメンのようにはならないだろうけど
これまで放置していた罪滅ぼしに、またお世話してみよう と思う。

それにしても、歌の影響か(?)シクラメンって はかなげな印象があるんだけど、
案外たくましくて丈夫な花なのかもしれない。

| ホームへ | 次ページ
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。