森博嗣

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. クレィドゥ・ザ・スカイ(09/27)
  3. フラッタ・リンツ・ライフ(09/13)
  4. ダウン・ツ・ヘブン(09/01)
  5. ナ・バ・テア(08/21)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

クレィドゥ・ザ・スカイ

2008.09.27(16:04)
「スカイ・クロラ」シリーズ、時系列で4作目に当たる作品です。


クレィドゥ・ザ・スカイクレィドゥ・ザ・スカイ
(2007/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


今回の主人公は、前作 「フラッタ・リンツ・ライフ」につづき クリタジンロウです。

前作の終盤で、大規模な戦闘に参加した彼は、大勢の敵機に囲まれ墜落してしまいました。
ラストで 「またいつか 必ず空を飛ぶ」 とつぶやくクリタの言葉は、彼の いまわのきわの言葉のようでもあり、生還の暗示のようでもありました。
生死のわからないまま幕切れとなった前作に非常にやきもきしましたので、今回 「クレィドゥ・ザ・スカイ」 では病院に入院中の様子から物語がはじまってホッとしました。

ああ、良かった。 クリタはやっぱり死ななかったんだ。 と。

しかし、入院中のクリタは、意図的に強力な薬を投与されており、感情や記憶の殆どを奪われた状態にあり、前作で大きく芽の膨らんだ感のあった きな臭さはさらに激しく、あらわになってゆきます。

確かなものは、身に染み付いた「空を飛びたい」という強烈な思いだけ。
そんな状態の彼が入院中の病院から逃走します。
今回の物語は、その逃走劇が全編を占めます。

強力な薬のせいで記憶が曖昧になった主人公の目線で語られる逃走劇は、ときに前触れもなく蘇った記憶が白昼夢となって物語中にあらわれます。
とくに、彼が唯一名前とともに鮮明に覚えているただ1人の人物クサナギスイトは繰り返し追っ手となって彼の白昼夢に現れるのですが、読み手はそれが現実の出来事だと錯覚させられ、幾度も、ああクリタは殺されてしまった、クサナギスイトが殺してしまった・・と思わされます。

読み手が、物語中の主人公と同じように、深く濃い記憶の霧の中をさまよう羽目に陥るこの仕掛け。
作者は、作品に一人称を使うメリットを最大限うまく使っていると脱帽させられます。
が、仕掛けはひとつではないのですよね。

話しがすすむにつれ、この物語を語っている「僕」は本当にクリタジンロウなのか?が曖昧になってゆくのです。
前半のエピソードを根拠にすれば、「僕」はクリタに違いないと思えるのだけれども、読むにつれて「僕」がクリタではつじつまの合わない部分が出てきて混乱させられます。

なんと、読者は、主人公の記憶の霧の中をさまようだけでなく、気づけば主人公が誰だかわからないという深くて濃い霧の中をもさまよう羽目に陥っているというとんでもない仕掛け。

結局、私には最後まで主人公が誰だかわからないままでした。
しかし、いいように作者の意図どおりに踊らされているこの感じは、なぜかとても心地良い。
次作への期待も高まります。

次の作品は いよいよ 「スカイ・クロラ」です。


関連記事  フラッタ・リンツ・ライフ
        ダウン・ツ・ヘブン
        ナ・バ・テア


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

スポンサーサイト

フラッタ・リンツ・ライフ

2008.09.13(18:53)
スカイ・クロラ」シリーズ、時系列で3作目に当たる作品です。

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Lifeフラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life
(2006/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


今回の主人公は、クリタジンロウ。

「ナ・バ・テア」「ダウン・ツ・ヘブン」の女性主人公クサナギスイトの部下に当たる彼は、長く彼女のもとで仕事をしており、信頼も厚い戦闘機パイロットです。
そして彼もまたクサナギスイトや多くの戦闘機パイロットと同じくキルドレです。

そんなクリタを通してスカイ・クロラの世界を感じ、クリタの内面を知り、また外から見たクサナギスイトを知るという展開が、とても新鮮で面白かったです。

が、「フラッタ・リンツ・ライフ」のみどころは、やはり、クサナギスイトに訪れた大きな変化。
予期せぬまま彼女の身に起きた出来事。
それが、まるでゆっくり回転しながら不穏できな臭い渦巻きをつくり、クサナギ自身だけでなく、クリタや周囲、そして世界を巻き込みながら巨大な渦になってゆくのを見ているような気持ちになりました。
また少し明らかになったスカイ・クロラの世界の事情に なるほど と頷いたり、予想外の出来事に おおぅ・・と唸ったり、ドキドキしたりしながらページをめくり続けました。

しかしすべては未解決のまま次の物語に引き継がれるようです。
ああ。続きが気になる。
ここで、このシリーズを中断できるわけないですって。
次は「クレイ・ドゥ・ザ・スカイ」です。 早く読みたい(笑)

にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

ダウン・ツ・ヘブン

2008.09.01(17:56)
「スカイ・クロラ」シリーズで時系列的に「ナ・バ・テア」の次にあたる作品です。

ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heavenダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven
(2005/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


今回も主人公はクサナギスイト。
前作で基地を去ったカリスマ的パイロットにかわって、今回の彼女は、エースパイロットとみなされる存在になっています。

しかし、彼女の唯一ののぞみは変わらず、戦闘機で自由にとぶこと。

エースパイロットとしての好待遇も名声も、戦闘機で自由にとぶことへの妨げになるならば、彼女にとって何の価値もないどころか邪魔なものでしかありません。

常に敵に遭遇する可能性のある戦闘機でとぶということは、常に死の危険と隣り合わせです。
しかし、それさえ出来るなら、ほかに何も望みはないというほどに、ひたすらに戦闘機で自由に飛びたいと願うクサナギスイト。

怪我でもしない限り死なないキルドレと呼ばれる人種である彼女が切望しているものは、生きている実感をつかむこと なのかもしれません。
生きる実感は、死の存在を身近に感じたときにこそ、強く意識するものだから。


装丁にはじまり まるで詩のような文章の体裁で独特の透明感と浮遊感をかもしだす飛行シーンなど、すべてが新鮮で、その新鮮さに魅せられるままに読みきってしまった「ナ・バ・テア」の雰囲気は「ダウン・ツ・ヘブン」でも そのまま光っています。

それにしても、霧が薄れるようにスカイ・クロラの世界観や主人公のキャラクターが見えた気のする二冊目にいたり、ますますこのシリーズが気に入ってきました。
早く続きのシリーズが読みたい、続きのあることが幸せ。
そんな気持ちになるのも、なんだか久しぶりのような気がします。


関連記事  ナ・バ・テア


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

ナ・バ・テア

2008.08.21(08:03)
オレンジ色に染め上げられた雲海の写真に透明のプラスチックのカバーの付けられた装丁。
その新鮮さに目が留まりました。
そして ナ・バ・テア という不思議なタイトル。
下に小さな斜体で None But Air と入っていました。 アラビアの遺跡の呪文かなにかかと思った(爆)

見た目に惹きつけられて本を手に取ったのは久しぶりでした。
このとこずっと、書評やなにかで気になる本をチェック。そのままネットで図書館予約かAMAZON直行パターンだったわたくし。 

書店をゆっくり散策する楽しさを忘れていたことに あらためて気がつきました。

 
ナ・バ・テアナ・バ・テア
(2004/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


背景の説明がほとんどなされないまま主人公視点で進んでゆく物語。
どのような世界で展開している話なのか、その世界の価値観さえ説明らしきものは一切なくて、物語の中から読者が推測するにまかせています。
対して主人公の内面や心情はとても細やかに語られていて (主人公視線で進む話なので当然と言えばそうなのですが)、その背景との対比が面白く新鮮でした。

そして、明らかに架空の世界の戦闘機パイロットの物語はとても不思議で新鮮さに満ちていたけれども(その装丁のように)、読み終わってみたら、ひとりの少女の恋の物語というたいへんオーソドックスな内容に集約されていったように思えました。
人は誰でも愛が必要で愛を求めるいう原点への回帰 というか。。
そのような読み方は、正しくないという気がするけれども、しかし新鮮さとオーソドックスさとの対比という意味で これもとても興味深く思いました。

現在映画が公開中の「スカイ・クロラ」シリーズの一冊で、時系列的に一番はじめにあたるのが この「ナ・バ・テア」になるそうです。
次は、時系列に沿って、海と空がグレー一色に染め上げられた装丁の「ダウン・ツ・ヘブン」を読もうと思います。

にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。