安東みきえ

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 頭のうちどころが悪かった熊の話(05/19)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

頭のうちどころが悪かった熊の話

2008.05.19(13:07)
頭のうちどころが悪かった熊の話頭のうちどころが悪かった熊の話
(2007/04/02)
安東 みきえ

商品詳細を見る


7編の短いお話しで構成された この本は、一遍の短さもさることながら、一文一文も短くて とても読みやすいです。
短いけれども その中に詩的で美しい描写が織り込まれていたり、ダジャレのような楽しい語呂合わせがあったりで、内容はかなり充実しています。

どのお話も動物が主人公です。
トラは自分が食べたキツネの失われた人生を思って悲しみ、カラスは真っ白で美しいシラサギと友達になることに憧れ、飛べないダチョウは自分が鳥であることにどんな意味があるのかと悩みます。
どの動物にも憎めない愛嬌を感じるのは、それぞれの動物たちが人生について生真面目に考え向き合っている姿って、はためからはどこか滑稽に見えるからなのかもしれません。

人生について生真面目に考える、そう、だから この本は、読む人によっては ちょっと哲学的な香りを感じるかもしれません。
というか私がそうだった って話しですが。

哲学って、つかみどころがなくて、そのくせなんだかエラソーで、ホント私は苦手なのよね。
大きな声じゃ言えないけど、あんなに流行った「ソフィーの世界」も「14歳からの哲学」も、はじめの20ページくらいで挫折しちゃったし・・。
高校生の頃、サルトルとかボーヴォワールとか読んだけど、単に読むことに意義を感じてただけで内容はさっぱり理解してなかったし。
そういえば「水いらず」はいまでもなんだか気になる。もう1度読んでみようか。

この本を読んだあと、内容を振り返っていたら いつの間にか ↑ のようなことを考えていたんですね。
・・なんで今頃サルトルが出てくるんだっけ?? 
で。
ああ、そうか
「頭のうちどころが悪かった熊の話」って私には哲学的な本って捉え方なんだと気づいたと(笑)。

でも、この本は つかみどころがなくて難しいなんてことは全然ないですし、ちっともエラソーじゃないです。
むしろ可愛らしくて、とても読みやすいです。
さらりと読んで楽しかったと満足するもよし、それぞれの動物の生き方に思いを馳せしばし哲学的思索を楽しむのもよし。
いろんな読み方ができるので、読んで、なんとなく得したような気持ちになれる本 かもしれません。
もちろん私は前者なわけですが。

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙
(1995/06)
ヨースタイン ゴルデル

商品詳細を見る

14歳からの哲学―考えるための教科書14歳からの哲学―考えるための教科書
(2003/03/20)
池田 晶子

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いします!

 
スポンサーサイト
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。