自然科学

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 私たちの友だち/バイコフ(07/11)
  3. 大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム ) (02/28)
  4. できそこないの男たち(02/11)
  5. ここまでわかった宇宙の謎―宇宙望遠鏡がのぞいた深宇宙(09/15)
  6. ソロモンの指輪(05/30)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

私たちの友だち/バイコフ

2009.07.11(08:38)
バイコフは1872年にロシアで生まれました。
キエフ市で暮らした幼い頃から周りのあらゆる生き物に親しみ、成人してからは人生の大半を自然豊かな密林を抱える満州で過ごしました。
その著書は「偉大なる王(ワン)」のほか「バイコフの森―北満洲の密林物語」「樹海に生きる」「牝虎」など多数ですが、現在は絶版となり手に入りにくいものも多いです。
この 「私たちの友だち」 も、著者が接したいろいろな動物とのエピソードを特に子供向けに書いた素晴らしい一冊なのですが、現在は絶版となっています。

バイコフ1

図書館から借りてきた手元の本を見ると、
1951年5月25日 第1刷発行
1992年1月23日 第11刷発行
となっています。
その後12刷目が刷られたのか、それともこれが最後の版だったのかはわかりませんが、ネットでもなかなか見つからずいまだに入手できないため、ときどき無性に読みたくなるたびに、私は地元の図書館で借りてきては読み返すのです。

この本の出版当時、バイコフは親交のあった日本人宗像英雄氏にこう語ったそうです。
「どんな恐ろしい猛獣でも、人々が忌み嫌うあのヘビさえも、人間が彼らの習性をよく理解して、本当の愛情をもって接すれば、きっとよいともだちになるのです。また、子どもたちの持っている、小さな生き物への愛情を、ただしくゆがめないで育てたならば、命あるどんなものに対しても、深い友情を持つことのできる、平和を好む人間になるでしょう。そうしたことに、少しでも役にたてばと思って、私はこの本を書きました。」

バイコフは無類の生き物好きであったと同時に、軍人時代にはペテルブルク学士院から命を受けて満州の動植物の調査にも携わっており、その観察眼は信頼の置けるものだと思います。
しかし、ここに書かれたお話は、ロシアや満州にほんの100年前に存在していたとは思えないほど豊かに広がる自然といい、バイコフと親しみ懐くいろんな種類の生き物のエピソードといい、まったく驚きの連続です。
現代の日本に暮らす私にとって、また多少の生き物好きの私にとって、バイコフがここで語る自然の豊かさや生き物との付き合いは想像をはるかに超え、まるでファンタジーの世界のお話のようにさえ感じるのです。
これらがすべて「本当のお話」だとは、なんと心楽しいことでしょう。

ところで、生き物を愛し観察する人々は、おのずとそのスケッチに磨きがかかるものなのでしょうか。
幾多の例に漏れず、バイコフも自ら本の挿絵をしたためています。

baikofu2
シナ人労働者とノロのミーシカ

baikofu3
水たまりのカエルを追いかけまわすツル

追記にはメモ代わりに原著者のまえがきと目次を載せておきます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ ⇒私たちの友だち/バイコフの続きを読む
スポンサーサイト

大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )

2009.02.28(15:59)
大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム ) (大人の科学マガジン)大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム ) (大人の科学マガジン)
(2005/09/26)
大人の科学マガジン編集部

商品詳細を見る



付録の自分で組み立てるピンホール式プラネタリウムを見て衝動買いしちゃいました。
組み立て式の付録でどこまでプラネタリウムを再現できるのかよくわからないし、私にちゃんと組み立てができるかどうかも心配だったんですが。(付録の組み立てって子供の雑誌「小学○年生」で毎月やらされて以来)

でも、この付録の企画設計には、あのメガスターの生みの親、大平貴之氏が関わっているというのですもの。

自宅でプラネタリウムの雰囲気をほんのちょびっとでも味わえるなら、2200円は高くない!えいやっっ


本誌(左)の組み立て方を見ながらさっそく組み立てを開始。
付録のキットはこんな感じ。

DSCF4390.jpg


パーツを組み立てて台座をつくり、底裏部分の配線をして上部に豆電球をセット。
単三電池2つ(付録外)を入れてスイッチをONにしたら、電気がついた!(←当たり前)

DSCF4393.jpg


ドーム部分の組み立て。
正五角形を両面テープで貼り付けて球体を作っていく。




出来上がったドームを台座部分に取り付けたら、あらもう完成!
思っていたより、ぜんぜん難しくなかったです。
組み立てにかかった時間は1時間くらいでした。

さて、肝心の見え心地は・・・・
家族全員を招集し、部屋中の電気を消し、ドキドキしながらスイッチオン・・・

すると、またたくまに部屋いっぱいに星空らしきものが広がり、家族みんなが思わず「うわー」と声が出ちゃいました。
なんといっても、星空が壁面360度と天井いっぱいに映し出されるのがすごいです。
まるで別の世界に来たみたい。
見ている自分たちの顔や身体にも投影されるので、子供達はお互いの顔を見て大笑いでしたが。


投影風景。
暗い中での撮影なので、コンデジでは実際の感じがあまりよく撮れませんが(汗)
実際には、自宅でほんのちょっとでもプラネタリウム気分を味わいたい!という さーにんの希望には じゅうぶんすぎるほどの仕上がりです。
大満足です。




注意点としては、映し出される星の数がすごく多いので、星座を見つけたり勉強に使うにはあまり適していないかもしれません。
それと、電池の消耗もかなり早い感じがします。
うちの場合は、娘達がすごく気に入ってしまい、しじゅう部屋に持ち込んでは勝手に楽しんでいるからかもしれませんが。
(次女なんか、トイレに持ち込んで楽しんでいます。
たしかに狭い部屋の方がくっきり映るので、トイレは恰好の場所かも。。。。
でも、用を足すには明るさは不十分だと思います。。。)。


にほんブログ村 本ブログへ  
        ↑ ポチっとお願いしま~す! ↑

できそこないの男たち

2009.02.11(16:56)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)」で大きな話題をさらった福岡伸一氏の新刊。

できそこないの男たち (光文社新書)できそこないの男たち (光文社新書)
(2008/10/17)
福岡伸一

商品詳細を見る


「すべての生物(もちろん人間も含む)の基本形は女性である」というのが本書が扱うテーマです。

このこと自体は今ではうちの娘でさえ知っていて(高校生物でやる)、特に目新しい話ではありません。
が、その発見にいたるまでの世界各国有名無名の研究者たちの努力や一番乗りレースには様々なドラマがあり、そこを読ませる筆者の腕の冴えは「生物と無生物のあいだ」と変わりません。
面白かったです。

しかし、生物の基本形が女性であることがいくら常識化した今であっても、
本文中の作者の言い回しや見解、たとえば
「ゆえに男性は女性型をカスタマイズして作られたものである」とか
「カスタマイズには歪やゆがみがどうしても生じやすいので、男性は女性に比べて心身ともに弱く平均寿命も短いのだ」とか
あげくのはてに本書タイトルのように「できそこないの・・」などには
鼻白む気持ちになる男性も少なからずおられるのではないでしょうか。
などと、ちょっと無用な心配をしてしまいました。

また、なかには、「本当にヒトの基本形は女性なのか?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。

そんな人のためには、本書前半部分で、男性が自らの身体の中に自分が女性をカスタマイズされたと確認できる方法、といいますか部分が記されております。
なるほどーと、さーにんも興味深かったです。
と書くのは実はちょっと相当照れることなのですが、まあ読んだ方にはわかるのです(ノ∇≦*)

あと、個人的にはアリマキ(アブラムシ)の繁殖方法がめちゃくちゃ面白かったです。
毎年ベランダにパンジーを植えると、びっしり付くんですよ、アリマキ。
で、毎年かなり熱心に駆除するんですけど、とってもとっても減らないんです。
メダカや小魚のいるビオトープを横においていて薬品は使えないので、手作業なんですけどね。
本書のアリマキの繁殖方法を読んで、自分がわりと勝ち目のない戦いをしていたのねということが、すごーくよくわかって、本当に面白かったです。
アリマキってすごい。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

ここまでわかった宇宙の謎―宇宙望遠鏡がのぞいた深宇宙

2008.09.15(16:27)
小柴昌俊さんがノーベル物理学賞を受賞したのは2002年。
当時、ニュースとともに、ニュートリノとかカミオカンデという言葉が耳に入って、なんだろう?と思っているときに、書店でこの本を見つけました。

書店に平積みされたこの本にはピンクの帯がかけられており、「祝 ノーベル賞受賞!! 小柴昌俊東京大学名誉教授のニュートリノ天文学がやさしくよくわかる!」の文字が躍っていました。

ここまでわかった宇宙の謎―宇宙望遠鏡がのぞいた深宇宙 (講談社プラスアルファ文庫)ここまでわかった宇宙の謎―宇宙望遠鏡がのぞいた深宇宙 (講談社プラスアルファ文庫)
(1999/12)
二間瀬 敏史

商品詳細を見る


それから6年たちますが、今でもときどきこの本を読み返します。

ほかにも色々この手の本を読んでいるのですが、相性というのでしょうか、
私にとってこの本ほどわかりやすく楽しく、宇宙のはじまりや星の誕生、ブラックホールについて現在わかっていることや研究されていることについて書かれた本には なかなかありません。
(帯にうたわれていたニュートリノについての解説箇所もわかりやすいのですが、実は小柴博士のノーベル物理学賞受賞にあわせて加筆されたものが大半で、この本のメインではありません)

でもときどき読み返すのは、読んでいる時は楽しくてわかったつもりになっているのに、しばらくたつと すぐに忘れちゃうから(爆)

そして今回、また読み返していたら、「ホーキング放射」についての説明があったことに あらためて気づきました。

「ホーキング放射」とは、ブラックホールにまつわるホーキング博士の物理予測です。
ひらったく言うと、ブラックホールからは熱放射が放出されており (なので、ブラックホールは暗黒ではない)、その影響で、ブラックホールはいずれ蒸発するのだとか。

ホーキング博士が このことを言い出したとき、彼はすでに有名になっていたのですが、まわりの誰もすぐには信じなかったそうです。
その後、何人もの専門家の計算によってホーキングの予測どおりの結果が確かめられているそうなのですが、それまでのブラックホールの概念をひっくり返す学説だったのですね。

「ホーキング放射」の詳しいことは難しすぎて私には さっぱりわかりませんが、この理論を応用してゆくと、ブラックホールに落ちてゆく人を脱出させることも可能なのかもしれません。

え? そもそも、人がブラックホールに落ちるような状況なんて ありえない?
と、思った方は、ホーキング博士と娘ルーシーの科学ファンタジー小説宇宙への秘密の鍵をどうぞ。

実は先日読んだ この本が頭に残っていたので、今回「ホーキング放射」について少し理解できた気になった私でした。


関連記事   宇宙への秘密の鍵

にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

ソロモンの指輪

2008.05.30(11:16)
みなさんは、自分の人生を変えた本ってありますか。
今日ご紹介する「ソロモンの指輪」は、私の友人が自分の人生を変えた一冊として教えてくれた本です。
彼女は高校時代に この本を読んで生物学を学びたいと考え、志望大学を美大から理系に変更。
そして、医者になりました。


⇒ソロモンの指輪の続きを読む
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。