暮らし・経済

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド(05/08)
  3. 家を出る日のために(04/12)
  4. お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践(04/07)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド

2008.05.08(15:47)
友人に借りて読みました。こちらからは、同じく勝間さんの「お金は銀行に預けるな」(記事はこちら)を貸し出し中。


インディペンデントな生き方をしている女性をこの本では「インディ」と呼んでいます。
経済的にも精神的にも他者に依存せず、自由に生きる女性の意味だそうで、具体的には以下の3条件を満たす女性をさす言葉です。

1.年収600万円以上を稼ぎ、
2.いいパートナーがいて、
3.年をとるほどすてきになる

上記3点をクリアしてインディになるために必要なのは「じょうぶな心」と「学び続ける力」。
その習得と実践の方法については、勝間さんがしっかりこの本でレクチャーしてくれていますし、どの課題も、誰でもすぐにはじめられるものばかりですから、難しい~ 私にはインディになるなんてムリ と思う必要はまったくナシ!。
ただし、どれも長く続けるには相当の根気と努力が必要でしょうし、インディへの道はやり続けた人のみに開かれているところがミソかと。

この本のテーマは、現代社会の枠組みの中で、女性が(結婚したり子供を産む事をふくめて)女性らしさを失わず、自身の能力アップのために学び続け働き続けるにはどのようにすれば良いのか と言うことだと思います。
身を持って、働く現場での男女格差を感じ、また結婚生活の失敗も経験した著者が、自身の体験から考え実践してきたことですから、インディを目指す人には大きな励みにもなり またヒントもたくさん詰まっていると思います。

しかし、女性が結婚も子供も仕事もすべて得ようとしたら、やはり手が回らない部分が出てきます。
その部分は家事の外注化、保育委託などといった形でアウトソース化されていくわけで、文化の継承というと大げさかもしれないけれど、確実に失われてしまうなにかがあるように思えてなりません。
個人的には すべての女性がインディを目指す社会を想像したら いかにもギスギスしていやだな~ と思っちゃいました。



にほんブログ村 本ブログへ
記事が気に入ったらポチっとお願いします。

  
スポンサーサイト

家を出る日のために

2008.04.12(15:35)
家を出る日のために (よりみちパン!セ 32) (よりみちパン!セ)
辰巳 渚
4652078323

私達は 「なにもない時代」 に暮らしている と、著者は書いています。
物は豊かにあるし、情報だって有り余るほど手に入る今の時代ですから 一瞬ハテナ??な意見に思えるのですが、読み進んでゆくうちに、「なにもない」は「土台」がだ ということがわかってきました。

私達は何も土台のない時代に暮らしている。

「土台」というのは、暮らしの基礎。
長い間親から子へと受け継がれてきた、生活の決まりごとや暮らしの知恵 と言い換えてもいいのかもしれません。
こういったものは、土台であると同時に制約でもあるので、戦後の日本では自由や個性を求めるあまり、これらを排除しようとしてきました。

暮らしの中で、ときには積極的に排除しようとし、ときには不本意ながら失っていった「土台」を、今の若者世代、母親世代、おばあちゃん世代の3世代という視点から説明したくだりは、私達の身の回りで起こった私たちが眼にしてきた風景そのものです。
そうか、今のおばあちゃん世代(私にとっては自分の母世代ですが)の暮らしは、こういう状態だったのか、
そうか、その人に育てられた私の世代(本文中では母親世代・10代向けに書かれた本なので)の暮らしとは こういうことなのかと非常に納得してしまいました。

では、3世代にわたって失ってきた暮らしの土台なのですが、この土台がないと、どんな不都合があるのでしょうか。
「土台」というのは、私たちが物事を決めたり選んだりしたりするときに、自然に判断の基準にしているものだと著者は書いています。
だから、「土台」がないということは、あふれるほどの物や情報に囲まれていながら、それを取捨選択する基準を持たないのと同じことだと。

うーーん たしかに そうかもしれない。

しかし、いったん失ってしまった土台は復活させる事が出来ないし、もしそれが可能だとしても現在の社会にはそぐわない。
では、これから自立してゆく新しい世代は、失った土台のかわりに どのように暮らしを営んでゆけば良いのでしょうか。

こたえは、この本の中にあるような、ないような。
いや、もちろん著書の考えはきちんと述べられているのですが、こういった問いに正解はない、それぞれに考える事が大切だとも書かれている というわけで。



にほんブログ村 本ブログへ
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践

2008.04.07(12:26)
さすが 今さら紹介するのもどーなんだ?! というくらい売れまくっている勝間和代さんの著書です。
読む前は、「お金は銀行に預けるな」なんて、ずいぶん挑発的なタイトルだなと思ったのですが、読んでなるほどと納得する部分が多々ありました。


⇒お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践の続きを読む
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。