海外の小説

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. サーカス象に水を(10/10)
  3. 春にして君を離れ(09/02)
  4. 種をまく人/ポール・フライシュマン(08/07)
  5. 最悪なことリスト/トリイ・ヘイデン(05/31)
  6. ヒルベルという子がいた/ペーター ヘルトリング(05/31)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

サーカス象に水を

2011.10.10(02:05)
サーカス象に水をサーカス象に水を
(2008/07/10)
サラ グルーエン

商品詳細を見る


8月に紹介した映画 Water for Elephantの原作です。

原作を読んで、映画はかなり原作に忠実に作られていたことに気が付きました。
ただ、原作が主人公とヒロインの恋を軸に禁酒法の時代のアメリカの世相や人種問題、また普遍的な老いの悲しみなど、いろんな要素の混じりあったハーモニーを奏でるオーケストラだとしたら、映画は2人の恋に焦点が絞られたアンサンブルの印象です。
もちろん映画でもその他の要素はあったので、ロバート・パーティンソンはじめ素敵な出演者の顔や演技ばかりに気を取られた見る側の問題かもしれないけれども。

アメリカでは原作本は口コミから人気が出てベストセラーになったそうです。
禁酒法や大不況の時代に大陸横断鉄道でやってきたサーカスというのは、ことのほかアメリカ人の郷愁を誘うものだそうで、そういった理由もあったのでしょう。
日本では残念ながら知名度が低く、今のところ初版のみの出版のようです。
AMAZONでもマーケットプレイスのみの取り扱い、地元の図書館にも置いていませんでした。
私たち日本人にとって郷愁は誘わなくても、良い本には違いないので、もう少し取り扱いが増えるといいなあと思います。
映画の日本公開が決まればまた違ってくるのでしょうね。

スポンサーサイト

春にして君を離れ

2011.09.02(17:40)
春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/04/16)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る


はじめて読んだのは中学1年生のとき。
つまらない、よくわからない、おもしろくない、
がっかり、期待はずれ!と思いながら、どこかしら心に残る部分があったようだ。
大人になって、いつ頃からか、いつか再読しようと心に引っかかっていた。
そして、今回やっとその機会がめぐってきた。
書くのは気が進まないのだけど、なんと四半世紀以上ぶりの再読である。

結論から言えば、すごく面白い小説であった。
読んでよかった。
と同時に、子供だった自分が読んで面白くなかったのも無理はないとも思った。

だいいちに、この小説は大人向けである。
自分の心の内面を探るお話しなのである。

そして、クリスティなのにミステリではないのだ。
なにひとつ事件は起きない。
「オリエント急行の殺人」にはじまり当時クリスティに大はまりして、
手当たり次第クリスティを読み漁っていた自分が
この小説に行き当たってがっかりしたのも無理はない。

今回あとがきの解説を読んで初めて知ったことだけど、
クリスティはミステリファンの読者のために、 この小説は別名で出し、
相当期間が過ぎるまで本当の作者名を明かさぬよう遺言していたらしい。

出版社にしてみれば、クリスティの名前がなければ売れないだろうし
期日が過ぎればクリスティシリーズの一冊として出版するのは当然だ。
私にしたって、聞いたことのない外国人作家の小説として世に出ていたら
この本を手に取ることはなかっただろう。

けど、せめて、出版社の方は帯とか背表紙の内容紹介とかで
「これはクリスティだけど、ミステリではありません」とか
「殺人や失踪や事件は一切起こりません」とか
周知してくれたらいいのにと思うのだ。

そして「大人のあなたにお勧めしたい一冊」とかの宣伝も
同時にしてくれるといいと思う。
だって、クリスティだけどミステリでないこともそうだけど、
上質の小説であることも本当だから。

再読できてよかった。

種をまく人/ポール・フライシュマン

2009.08.07(07:00)
この夏おすすめの本の紹介です。

種をまく人種をまく人
(1998/07)
ポール・フライシュマン

商品詳細を見る


まるで一種のパラダイス誕生の物語。

このお話を読んでいると、土と親しむっていいなあ、他人と親しむっていいなあ と素直に思います。
大好きなお話です。

小学校高学年から読めますし、この夏の読書感想文にもオススメです。
さまざまな人の視点から語られる構成ですので、自分が共感を覚えた人のお話に沿って考えると感想が書きやすいと思います。

高校の英語のテキストにも使われていますので、英語力を磨きたい人は原書に挑戦するのもいいかも。

Seedfolks (Joanna Colter Books)Seedfolks (Joanna Colter Books)
(1999/04/03)
Paul Fleischman

商品詳細を見る


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ

最悪なことリスト/トリイ・ヘイデン

2009.05.31(18:18)
最悪なことリスト最悪なことリスト
(2004/05/19)
トリイ・ヘイデン

商品詳細を見る


シーラという子」や「タイガーと呼ばれた子」で有名なトリイ・ヘイデンがはじめて子供向けに書いた物語。
小学校中学年くらいからじゅうぶん読めると思います。

知的障害を持ち、施設から里親へ、里親からまた別の里親へ。
可愛がられることなく引き取り先を転々とするデイヴィッドは、心の中で常に最悪なことのリストを更新しています。
そのリストの一位はいつも「気にかけてくれる人がいないこと」。
デイヴィッドの境遇では無理からぬことです。

そんなディヴィッドの新しい里親はひとり暮らしのお婆ちゃん。
お婆ちゃんはけして裕福な暮らしではないけれど、ディヴィッドに子供部屋をあてがい、毎日デイヴィッドのために温かい料理を作ります。
物静かなお婆ちゃんは、デイヴィッドが問題を起こしても頭ごなしに悪い子扱いせずフェアな態度で話しを聞こうとします。

安心して良い環境と見守ってくれる大人がいることで、デイヴィッドの心は徐々に成長します。
お友達を作ること、人の気持ちに気づくこと、小さな生命を可愛がること・・・


前記事に続き、障害を持った子供、保護者から見放された子供の物語になりますが、「ヒルベルという子がいた」では見ることの出来なかった幸福な結末がこの物語では与えられます。
児童向けの読み物なのでそのほうが良いと思われる方も、また、安易すぎると感じる方もいそうです。
また「シーラという子」や「タイガーと呼ばれた子」を読んで衝撃を受けた方には 物足りなく感じるかもしれません。
でも、どの子供も、安心できる環境と愛してくれる保護者を得てはじめて健やかに成長をはじめることができる、そのメッセージに間違いはない と思うのです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ

ヒルベルという子がいた/ペーター ヘルトリング

2009.05.31(17:44)
ヒルベルという子がいた (偕成社文庫)ヒルベルという子がいた (偕成社文庫)
(2005/06)
ペーター ヘルトリング

商品詳細を見る


出産時のトラブルから常に頭痛に悩まされている少年ヒルベル。
他人とのコミュニケーションを取ることが極端に苦手なうえ、頭痛が耐えがたくなると自分でもわけがわからなくなってしまい、問題行動を起こしてしまう。
そんなヒルベルは母親に見放され、子供の施設に預けられています。
お話は、ヒルベルの施設での暮らしぶりを、施設の他の子供達や保母さん、医師との係わり合いを中心に淡々と綴られています。

小学校高学年から読める児童書ですが、テーマは重く、読後も考えずにはいられません。

病気を持って生まれてきた子供は可哀想ですが、保護者に見捨てられてしまった子供はもっと可哀想です。
しかし二重の意味で可哀想な子供ヒルベルのまわりには、施設の保母さんたちや、毎日やってきて施設の子供達を診察する医師など良識と優しい気持ちを兼ね備えた大人たちがいます。

保母さんたちは ありのままのヒルベルを受け入れ、言葉を話すのが苦手なヒルベルの気持ちを理解しようと心を砕いています。
みずからも孤児を3人養子として育てている医師は、ヒルベルにも暖かい気持ちで診察をしています。

彼らは福祉職員として最善を尽くしており、また、人格的にも立派な人々です。

しかし、保母さんたちには、ヒルベルのある行動を理解することはできても、彼の心と触れ合い理解し交流を持つまでに到ることはできません。
また、医師も4人目の孤児を引き取ることは無理で、ヒルベルを養子に迎え入れることはできません。

結局持病の頭痛が重くなってきたと診断されたヒルベルは、別の施設へと移されてゆくのです。

お話は、ヒルベルをとても好きだった保母さんのひとりが何年たってもヒルベルのことをよく思い出し、あの子はその後どうなっただろうかと考えた と結ばれています。

病気の子供、親の世話を受けられない子供を可哀想だ、気の毒だ、なんとかならないかと思う気持ちが本心でも、そのような子供達が本当に幸福になるためには福祉だけでは不十分。むしろその子のために保護者として関わる事のできる大人の存在の方が大事な場合が多いように思います。
だけど、私達は保護者にはなれない。
お話の最後で保母さんがヒルベルはどうなっただろうと思うことと、私達が世界中のヒルベルのような子供達を思うことは とても似ている気がします。


ところでこの本は河合隼雄さんの児童書の書評集「「うさぎ穴」からの発信―子どもとファンタジー」で知り、読んだのですが、なんと本書巻末にも河合隼雄さんの解説が載っていました。
28ページにも及ぶ詳細な解説で、ひとつの作品の解説としては「うさぎ穴からの発信」よりこちらの方が当然詳しいです。
心理学的な立場からの解説は自分の読み方、感じ方とは違う新しい面の発見になり、たいへん参考になりました。
この本を手に取られる方は読後ぜひ解説のほうもお楽しみください。


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ
| ホームへ | 次ページ
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。