2008年11月16日

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 虚空の旅人(11/16)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

虚空の旅人

2008.11.16(21:52)
おなじみ「守り人」シリーズの第4弾です。

虚空の旅人 (偕成社ワンダーランド)虚空の旅人 (偕成社ワンダーランド)
(2001/07)
上橋 菜穂子佐竹 美保

商品詳細を見る


タイトルが「・・・の守り人」ではなく「・・・の旅人」に変わっていますね。
主人公もこれまでのバルサに代わり新ヨゴ皇国皇太子チャグムに変わっています。
一作目から読んできた読者にとって、これまで馴染みの登場人物はチャグムと若き星読み博士シュガのみです。
また、お話の舞台となる南の国サンガルは、読者にとってまったくはじめての土地です。

ということは。

新たに登場するひとびとは魅力的だし、14才になったチャグムの成長ぶりを読むのもとても楽しいのですが、バルサの活躍しないお話はイマイチさみしくて物足りない。

正直、物語の序盤で、今回はバルサは登場しないのね と察したときはそんなふうに感じていたさーにんです。。。

が、読み進めるうちに、その感じ方が間違いだということが おのずとわかってきました。
バルサは、たしかに、チャグムが思い出を語るほんの少しの部分を除いて今回の物語にはまったく登場しないのですが、いないのに、その存在感が物語りを覆っています。
それは、バルサがチャグムの人生に大きな影響を与えた人だから、チャグムの言動のはしばしに バルサを感じる ということで・・・そう感じさせる筆者の力量には うなるばかり。

そして、チャグムをはじめ今回の物語の主要人物たちがそれぞれの思惑に沿って行動した結果一点に集まり、たたみかけるように事件が終焉を向かえるクライマックスは、息をするのも忘れるくらいの面白さでした。

ところで。 美しく聡明なサンガル帝国の姫サリーナとチャグムは なかなか良い感じ でしたが、今後なにごとか進展するのでしょうか。 
次回以降はそのへんも、ちと楽しみです。

関連記事  精霊の守り人 闇の守り人 夢の守り人 流れ行くもの


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

スポンサーサイト
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。