2008年12月07日

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 蒼路の旅人(12/07)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

蒼路の旅人

2008.12.07(17:22)
「守り人シリーズ」の第五弾です。
前作「虚空の旅人」に続きタイトルが「旅人」となっています。

蒼路の旅人 (偕成社ワンダーランド (31))蒼路の旅人 (偕成社ワンダーランド (31))
(2005/04/23)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


今回も主人公はチャグムです。
前作で、チャグムは新ヨゴ皇国の第一皇子として隣国サンガルへ赴きました。
はじめての地、見知らぬ人々の中で事件に巻き込まれたチャグムに、心を許せる味方は星読み博士シュガただひとりという状況でした。
助けてくれる人の少ない中、見事に難局を切り抜けたチャグムの成長ぶりは本当に素晴らしかった。

ところが、今回はじめての地、見知らぬ人々の中で難局に直面したチャグムの状況は、前作とは比べ物にならない厳しさです。
前作ではなんだかんだいっても、チャグムは国賓として招かれた立場でしたが、今回はなんと、はるか圧倒的な国力、軍事力を誇る南の国タルシュ帝国の捕虜になってしまったのですから。

しかし、たったひとりで考え、行動せねばならないチャグムの言動は、独力で悩み、苦しみ、結論したことだからこそ、彼自身の資質と底力の素晴らしさが見せかけではない事を伝えています。

絵表紙は本編最後のシーンです。
蒼い空の下の蒼い海原を泳ぐチャグム、シリーズ中でも1,2を争う印象的で忘れられないラストシーンです。

関連記事  精霊の守り人 闇の守り人 夢の守り人 虚空の旅人 流れ行くもの


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

スポンサーサイト
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。