2009年02月15日

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. モダンタイムス(02/15)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

モダンタイムス

2009.02.15(10:15)
モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
(2008/10/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


正直いって、「肌に合わない」というのが、読み始めたときの感想。
拷問とか痛いのとか本当に苦手。
フィクションの世界で、なんで爪をはぐとか?そんなイタイことを想像せにゃならんのか と思ってしまう。
なので、はじめの数ページでさっそく挫折しかけました。
でも、主人公があわやの場面で難を逃れたので、気を取り直して再び読み始めたんですけど、でも、でも、不倫とかも本当にキライなんですよ。
なので、せっかく気を取り直したものの本当に主人公が不倫していたんだとわかった瞬間、また読むのを挫折しそうになりました(笑)。

ところが、さすが。すごいです、伊坂マジック。
ここまで読んじゃったらもうストーリーにすっかり引き込まれて、途中で止めるなんて できるものじゃございません。
私がわるうございました。はじめに悪口書いちゃってホントごめんなさい。
中盤からラストまでは本当にイッキ読みでした。

筋立ても良いけれど、登場人物たちに託されて語られる人生観も良いですね~。

人の一生なんて大きな流れで見れば歯車の一部のようなもの、
歴史に残るような人物だって、時代の流れの中でひとつの役割を果たすため必然的に現れた歯車の一部に過ぎない
しかし、自分の人生が大きな流れの中の歯車の一部だと割り切って、与えられた役割や仕事をこなすだけでは、気持ちのたどり着く先は虚無にしかならない、
大切なのは、いま目の前にあることに一生懸命であること

こんな感じでしょうか、まとめかたが間違ってたら申し訳ないですが。

「モダンタイムス」はいわずと知れたチャップリンの映画のタイトル。
他にも、お話し中には「独裁者」や「ライムライト」の引用場面が出てきます。

子供の頃見たっきり。
あの頃はどこが良いのかさっぱりわからなかったチャップリン。

そうだ、もう1度チャップリンを見てみなくちゃ。
ふつふつと、そんな気持ちにもなりました。


にほんブログ村 本ブログへ  
ポチっとお願いしま~す!

スポンサーサイト
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。