2009年03月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 日本語。曖昧なまま使ってマス。。。(03/30)
  3. ディスカスの飼い方(03/28)
  4. サブダのポップアップ絵本(03/26)
  5. しいたけの栽培♪(03/06)
  6. 秘密の道をぬけて(03/05)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

日本語。曖昧なまま使ってマス。。。

2009.03.30(15:02)
言葉使いって難しいです。
仕事上さまざまな年代の方とお話しをしますが、むむむ?と思ったり苦笑すること、けっこうあります。
相手の方の言葉使いだけでなく、自分のもです。
さーにんは会話のスキルアップ研修や訓練を定期的に受けている立場なので、常套的な言い回しはまぁそこそこ。
でも、イレギュラーな説明や会話になると、思わぬところでボロが出て、恥ずかしい思いをすることが。
ふだんの日常会話で使わない言い回しってとっさの場面ではすっと出てこない。

それに、けして苦手ではなかった「国語」だけど、尊敬語、謙譲語、丁寧語、、、このあたりはキチンと勉強せず雰囲気で乗り越えてしまった学生時代(;・ー・)ゞ
せめてちゃんと勉強していたら、少しは違ったかも。
今ごろになって、目に付くとそれらしき本を読んだりはしていますが、自分の日本語力ってどの程度なのかしら。
1度日本語検定を受けてみようか。
あー このまま受けるのはオソロシイので、ちょっと勉強してから(ははは)。

とりあえず、たーぼのははさんのところで知った「正しい敬語を使えていますか?日本語検定3級に挑戦!」に参加してみよう。

問題は こちら。

 次の文の”  ”部分を敬語を使って言おうとする時、
 正しい言い方はどれでしょう。
 日本語検定3級の問題です。

 【送ったファックスを見てもらえたか、得意先に確認して】

  先ほどファックスをお送りしましたが、”見てくれた”でしょうか。

  ① ご覧になられました
  ② ご覧くださいました
  ③ ご覧になりました


うーー、これで3級ですか。ムズカシイ。
私だったら「ご覧いただきましたでしょうか」とか言いそうだけど、選択肢にないですね^^;;
うーん、①は二重敬語だし、③より②の方が丁寧な感じですね。
③もアリって気がしますが、、、答えは②にします。

正解の発表が待ち遠しいです。

正しい敬語を使えていますか?日本語検定3級に挑戦! ←参加中

スポンサーサイト

ディスカスの飼い方

2009.03.28(11:55)
ディスカスの飼い方ディスカスの飼い方
(2009/01)
大崎 善生

商品詳細を見る


デパートの熱帯魚売り場で見かけたディスカスという魚に一目惚れして飼育をはじめた主人公。
のめりこむにつれてディスカス飼育の奥深さを知り、その道をきわめようと試行錯誤することが いつしか彼の生き方や感情や人生哲学を形作ってゆく作業と一体になる。

アクアリストのはしくれとして いっときベタのブリーディングに相当はまったさーにんには、ものすごく面白い小説でした。

おさえようとしてもなぜかどんどん増殖してしまう水槽。
集合住宅に住んでいれば、地震とか水槽の割れとか水の重みで床が抜けたりして階下に水漏れしたらどうしようと常に心配で、だから冒頭で主人公が一軒家に引っ越し、コンクリート打ちっぱなしのガレージを水槽部屋に改装する部分から すごく共感してしまった(笑)。

タイトルにあるディスカスについてはもちろん、水槽のシステムとか水質や水作りのこととか、アクアリストそれぞれがそれらにまつわるこだわりを持っていることとか、相当詳しく書かれていて、自分にとっては あーそうだよねと思うところもはじめて知ったわというところも含めてとても面白かったです。

でも、これは魚の飼育本ではありません。

理想のブリーディングルームを作りながら、主人公の胸の中に過去に別れた恋人との思い出が去来します。
なにか1つに打ち込むことが、その人の生き方の道しるべになったり過去を蘇らせるきっかけになること。
この本の主人公にとってはそれがディスカス飼育だったのですね。

ペアの繁殖にトライしながら、主人公がどれほど彼女を愛していたかに改めて気づき、これからも愛するだろうことを知るラストはとても美しいです。

アクアリストのうんちくが詰まった恋愛小説。
こんなのはじめてで、私には本当に面白かったけれど、魚の飼育に興味のない人にはどう感じられるのかな と、ちょっと思ってしまいました。


にほんブログ村 本ブログへ  
ポチっとお願いしま~す!

サブダのポップアップ絵本

2009.03.26(16:03)
はじめて見たのは何年前だったか、地元のデパートの「サブダ展」という催しでした。
素晴らしいという評判は何人かの友人から聞いてはいたけれど、実物は想像以上でした。
ページをひらくと、緻密で繊細に組み立てられ折りたたまれた仕掛けが、大胆にダイナミックな立体をなすサブダのポップアップ絵本。
その豪華さは明らかに他のポップアップ絵本とは別物で、本当に驚き感激しました。

以来、憧れの絵本となったサブダのポップアップ絵本の数々。
でも、なかなかに高価なお値段のため、人へプレゼントして喜ばれることはあっても自分用に購入するのはためらわれていたのでした。

ところが最近の円高で、輸入ものの値がずいぶん下がっています。
書籍も憧れのサブダの絵本も例外ではないようで、Amazonでざっと見たところ、なんとものによっては75%オフなんていうものも。
チャンス!!とばかりに速攻で注文クリックしちゃいました。
私が買ったのは、Alice's Adventures in Wonderland
25%オフになっていました。

翌日さっそく届いたものをドキドキしながら一枚ずつページをめくっていきました。
全部で6ページの構成です。

sabuda

何度見てもページをめくるたびにあらたに新鮮な感激が。私の写真では半分も伝わらないのが残念。

sabuda2

有名なトランプのシーン。 このままインテリアとして飾っても素敵かも。

各ページの隅に載せられた英語のストーリーは、小さな字で書き込まれ独立してめくれるようになっていて、ダイジェストとしては充分だと思います。

日本語版もあります。当然値下げはありませんが。というか常に品薄状態ですが。。





にほんブログ村 本ブログへ  
ポチっとお願いしま~す!

しいたけの栽培♪

2009.03.06(18:40)
liquidfishさんの記事でしいたけの自家栽培体験ができると知り、やってみたくてウズウズ。
自分で何かを育てるの、大好き。
さっそくネットで検索し、福井県の栽培家を見つけて速攻注文。

届いた「シイタケ栽培キット」は こちら。
しいたけの原木のほかに、お手本のしいたけと、しいたけ名人の極秘メモ付き。

しいたけ1


よく見ると、もう小さなしいたけが生えてる!
焦る~

しいたけ2

さっそく「極秘メモ」の手順どおり、しいたけをセット。

メモによると、毎日愛情を持って声かけしながら霧吹きをしてあげるのが良いらしく、この役目は次女がすすんで引き受けてくれました。
「大きくなーれ」「おいしくなーれ」「はやく食べさせてー」
って、しいたけも食べられるのを嫌がって育たないんじゃ・・・・

と思う間もなく、ずんずんどんどん育つしいたけ。
いやあ、びっくりしました。
しいたけって、あっという間に大きくなるんですね。

3日後のしいたけ。

しいたけ4

4日目に収穫。

しいたけ5

そして、調理。

舞茸やエノキと一緒に きのこのホイル焼きにしていただきました。

しいたけ6

肉厚で、つるんとしていて、歯ごたえがあって びっくりするくらい美味しかったです♪

このままお世話が順調だと、次は1ヶ月後くらいにまた収穫できるそうです。
楽しみです。


にほんブログ村 本ブログへ  
ポチっとお願いしま~す!

 

秘密の道をぬけて

2009.03.05(17:44)
何かの物音と怖い予感で目を覚ましたアマンダが不安を抑えて階下へ降りてみると、両親が見知らぬ一家をこっそり家に招き入れるところだった・・・


秘密の道をぬけて秘密の道をぬけて
(2004/11)
ロニー ショッター

商品詳細を見る


ドキドキする冒頭部分から一気に最後まで読ませます。
文章的にも量的にも小学校中学年くらいから読めるのではないかと思いますが、中学生の課題図書に選ばれた本だそうです。
アメリカでかつて存在した奴隷制度を扱ったお話ですので、背景や内容をよく読み取るには中学生くらいが望ましいということなのかもしれません。

当時アメリカでは、自由を求めて逃亡する奴隷を手助けする地下組織があったそうです。
アマンダの両親は、その組織の一員だったのでした。

アマンダの家にかくまわれた奴隷一家にはアマンダと同年代の少女がおり、次の逃亡先へ旅立つまでのわずかな時間の中で2人は友情を育みます。

奴隷の少女の口から語られる奴隷生活、逃亡した奴隷を探しに来た人々の奴隷への憎しみや軽蔑の態度、、、アマンダははじめて知る話に素直な感情で反応します。
奴隷制度という暗く重いテーマが、一貫して少女の目線で語られているのがとてもいいです。

はじめて奴隷一家を見たときのアマンダの反応もとても印象的です。
大人の偏見の洗礼を受けていない子供はこんなにも公平で自由なのか と、つくづく大人の責任を感じさせられました。

「あとがき」によると、当時アメリカには州が30しかなく、奴隷制度を認める州と認めない州がちょうど半分ずつの割合だったそうです。
奴隷に人権などなく、自分の所有物として使うのを当然の権利と考える人々が、国の半分を占めていたのはわずか150年前のことです。
今回オバマ氏が初の黒人の大統領として就任したことが、アメリカにとってどれほど意義深いものであるのか改めて思わずにはいられません。


にほんブログ村 本ブログへ  
  ポチっとお願いしま~す!

| ホームへ | 次ページ
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。