2009年05月16日

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 陰陽師―飛天ノ巻/夢枕獏 (05/16)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

陰陽師―飛天ノ巻/夢枕獏 

2009.05.16(18:00)
陰陽師―飛天ノ巻 (文春文庫)陰陽師―飛天ノ巻 (文春文庫)
(1998/11)
夢枕 獏

商品詳細を見る


前作「陰陽師」に続けて瞬く間に読んでしまいました。
怪しくて怖くてはかなげな雰囲気で、どこかユーモラスで、そして懐かしい感じのする世界。
短編の連作のようなつくりのせいか読んでいてちっとも肩がこらない。
さーにんの寝しなの極上の読み物になってしまいました。でも、怪奇の世界のお話ですから人によっては夜はちょっと・・かも。

この巻には以下の7編が収められています。

*天邪鬼
*下衆法師
*陀羅尼仙
*露と答へて
*鬼小町
*桃薗の柱の穴より児の手の人を招くこと
*源博雅堀川橋にて妖しの女と出逢うこと

「露と答へて」の中の当時の宇宙観についての短い説明の部分が、本筋とは関係ないのですが面白かったのでメモしておきます。

この時期、すでに宇宙という言葉は、時空を差すものとして成立している。
中国の古書『尸子』(しし)に、
”上下四方を宇(う)といい、往古来今を宙という”
との記述がある。

古代ギリシアを発祥とする西洋の宇宙観では宇宙は「秩序」を差す「cosmos」という言葉であらわされており、時間と空間という概念がクローズアップされたのは近年になってからですが、中国の人々は古代から宇宙を時空として捉えていたのですねえ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。