スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

暴走老人!

2008.07.19(18:33)
突然切れたり怒鳴りだす老人、ささいなトラブルから刃傷沙汰の事件をおこしてしまう老人。
最近増えているそうです。
そういえば、ときどきニュースで孫に手をかけてしまったなどと見かけます。そして、態度が悪いとか勉強しないとかそんな理由で手をかけてしまうとは、年をとるほど分別がつき温厚になるお年よりとずいぶん違うイメージだなと思った記憶も。



暴走老人!暴走老人!
(2007/08)
藤原 智美

商品詳細を見る

最近、モンスターペアレントやクレーマーの呆れた言い分を並べ立てて面白がるような本とか、あるいはそういった人への対応策的なマニュアル本をよく見かけます。

で、この本もその手のものなのかな と軽い気持ちで手に取ったのですが、予想とかなり違いました。
本書は、普段温厚な人や円くなると言われる年代の人が突然切れてしまう社会的背景を筆者なりに考察した本で、その考察内容はかなり面白かったです。
思うに、、、タイトルでちょっと損しちゃっているんじゃないかと って余計なお世話か(爆)


ところで本書の中で一番興味深かったのは「時間」についての考察です。

私達って、思わぬところで時間がかかってしまうことに対して、(無意識であれ)「損をした」という気分を抱く思考回路ができあがっています。
(レジや券売機で、前の人が予想外にモタモタすると なんだか腹が立ったり損をした気分になることには みなさんも覚えがあるのでは。。と思います。)

なぜ私達にはそういう思考回路が出来上がっているのか?についての考察、
それから逆に、待たされることが大嫌いな私達なのに、新製品の発売となると前日から徹夜で並んだり、ディズニーランドのアトラクションには嬉々として数十分並んでしまうという指摘も面白かったです。

で、この「時間」についての考察が どう「暴走老人」とつながるのかが本書の肝に当たる部分になるのですが、、それは読んでのお楽しみに。

にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

<<さかなのなみだ | ホームへ | フー・アー・ユー?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/108-8bfba315
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。