スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中学生に読ませたい本・読ませたくない本

2008.08.01(13:19)
前記事に関連するのですが、次女に相応しい本をいろいろ探しています。

以前にも、次女への本選びで苦戦した話を載せました。。。
最近彼女はケータイ小説を好んで読んでいるので、出来ればそれに歯止めをかけたい気持ちがありまして。

まあ読みたいものを読むなと止める事はムリです。どうしても読みたければ、中学生、親に隠れて読むこともできるでしょうし、私としては、隠れて読んで読書の楽しみを半減させるくらいなら シブシブながらも認める方が良いと思っていますので。

しかし、ケータイ小説三昧になって稚拙な日本語に慣れきったり、うわべだけのショッキングなストーリーで好奇心を満たすことのみをフィクションの面白さだと勘違いするような子にはなってほしくない。

ので、ケータイ小説を読むにしても、平行して「良い本」も読んで欲しい と思っているのです。

ひとくちに「良い本」といっても、ではどんなものか?と聞かれると難しいですが、中学生向けとしては、美しい豊かな日本語で書かれた本、世界の広さを感じる本、自分を内省するのに役立つ本、未来への希望を感じさせる本  などでしょうか。

特に、日本語や文章に関しては一番に重要視しますが(中には例外も少数あるとはいえ)、ケータイ小説は私の読んだ限りでは まずここで躓きますね・・・

まるで子供と同年代の少年少女のおしゃべりを聞いているような感じ、、、いいかえれば、親近感となり、このあたりが、子供に受け入れられやすいのかもしれませんが。

が、私には読むのは苦行です。これまでに、それなりに本を読んできている次女が、楽しんで読めるのが不思議なくらいです^^;;;
「小説」ではなく「ケータイ小説」という別物だと思ったほうが良いのかも?

ともあれ、お手軽に刺激的なお話しが読める「ケータイ小説」に慣れすぎてしまわないよう、平行してしっかりした本も読んで欲しい。

というわけで、中学生向けの本選び、これからもまだまだ頭を悩ませると思います^^;;;
「守り人シリーズ」の次は どうしようかな。


今回はかなり批判的な内容になってしまいました。不快に思われた方がいましたらごめんなさい。m(_ _)m

<<ふしぎなナイフ | ホームへ | 流れ行くもの>>
コメント
子供の本選びって難しいですよね。
まして、中学生ともなると、個性も出てくるし、与えられたものを
素直に読んでくれるわけでもない。
さーにんさんのように、良いものをと考えてくれる親も少ないのでは!?

私も今2歳の娘の絵本選びに迷っています。
今までは、内容度外視でペラペラめくるだけだったのが、
最近は中身にも興味を持つようになりました。
そこで、絵本ナビというサイトでおススメの本、“ねないこだれだ”福音館書店を
まず購入してみました。
私の感想は、ちょっと怖いというか、でもインパクトのある絵本。
娘も怖いという感情が芽生えているので、読むと効果覿面。
読み方にも工夫したいなぁと思いました。

【2008/08/01 23:06】 | ryoko #- | [edit]
「ねないこだれだ」は、人気がありますよね~。
せなけいこさんの作品の中で、うちの子達も一番のお気に入りでした。
セリフもすっかり覚えてしまって、私が
「とけいがなります ぼーんぼーん」というと
「こんなじかんにおきているのはだれだ?」と子供達が続けて。
あと、この頃はノンタンシリーズも大好きでした。「ぶらんこのせて」とか「おやすみなさい」「ぱっぱらぱなし」は特にお気に入りでした。良かったら参考に。
【2008/08/02 11:41】 | さーにん #- | [edit]
うちの長女もケータイ小説好きみたい。
私は、読んだ事ないから、
よくわかってなかったけど、
ちょっと考えちゃうね・・
参考になりました♪
【2008/08/02 21:48】 | ともぴぃー #iDX8.YKs | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/117-0a3cae33
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。