スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

もの食う人びと

2008.08.14(16:13)
ある人が、ある国で、コップ一杯の水を薦められたときの話を私にしてくれたことがありました。
それは、いやな匂いのする泥水のような色の見るからに飲んだら身体がおかしくなりそうな水で、その人は案の定数日のあいだ激しい嘔吐と下痢に見舞われて動けなくなってしまったそうです。

私はその人のことがとても好きだったので、そんなキケンな水をみすみす飲んでその人が大切な身体を壊したことに腹が立ちました。

安全な食べ物さえ どうしてもガマンして飲み下せない苦手がある、ムリに口にしたらきっと吐き出してしまう、そんな私には その人がなぜその水を飲み干せたのかもわかりませんでした。

「わかっていて飲むなんてバカじゃないの」

呆れと非難まじりの私の言葉に その人は、その水は精一杯のもてなしだったのだ、とても感謝していただいたのだよ とこたえました。
それでも私は納得がいかなかったけれども、次に続く言葉を見つけることが出来ませんでした。
その人も、それ以上私に説明しようとはしませんでした。
生まれ育った豊かな国の食生活しか知らないコムスメに、話しても理解は難しい と思ったのだと、振り返って思います。
そして そのとおりだったろうな とも。


saraさんに教えていただいた「もの食う人びと」を読みながら、私は上記の個人的な思い出が思い出されてなりませんでした。

もの食う人びと (角川文庫)もの食う人びと (角川文庫)
(1997/06)
辺見 庸

商品詳細を見る




もの食う人びと」は、飽食に慣れ、贅沢にたるみ麻痺した舌と胃袋を憂えた著者が、忘れかけた怒りの味、憎しみの味、悲しみの味を思い出させることを目論んで世界各地を訪れたルポタージュです。
だから、グルメな旅紀行とはまったく違う、けれども非常に歯ごたえのある一冊です。

著者は、富裕層の食べ残しの腐りかけた残飯を漁るダッカのスラムの人びとや、銃声の飛び交う中で救援物資のわずかな小麦を手に入れるためえんえんと並ぶソマリアの人びとなど、苛酷な環境下に暮らす人々のもとを次々に訪れ、彼らの話を聞き、彼らと同じ食べ物を食べます。

そのありさまは、食べることが当たり前の楽しみになってしまっている私たちに、食べるとは生きるための行為であるという根本的な事実にあらためて気づかせてくれます。

また、失脚した元大統領の生き方そのもののような食に対する姿勢に接したり、原発事故後のチェルノブイリに舞い戻り放射能にさらされた土地の食べ物を食べる人びとや、先住民のアイヌ人から教わったフキやワラビの調理法を会得し常食している択捉のロシア人の元を訪れ、話し、同じ食べ物を咀嚼するくだりでは、食べるという行為が、悲しみにせよ懐かしさにせよ個人的な味覚の記憶にもなり、積み重なれば食の文化ともなって、それぞれの人生に分かちがたい影響を与えるものだというこれもまた当然の一面にあらためて気づかされました。

そして、生きるために食べる人びとの姿とは対照的な、四季と産地に関係なくいつでも好みの食べ物が手に入り手に余る私達の現状は どこか異様でいびつなもの にも思えます。


その後ずいぶん時間が流れ、コムスメからオカアサンになった今の私には、当時彼がもてなされたのは現地の人にとって命に等しい水だったのだと察しがつきます。
だから、今ならきっと「わかっていて飲むなんてバカじゃないの」とは言わないかもしれません。
かといって、飲み干すことによって生きる悲しみを共有したのであろうその人への適切な言葉は やはり見つかりません。

にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

<<一生に一度は富士登山♪ | ホームへ | ふしぎなナイフ>>
コメント
いい気づきをありがとうございます。
興味深い一冊ですね。
富、幸せ、豊かさとは何か?
を今一度考えさせられました。


【2008/08/14 23:41】 | ryoko #- | [edit]
とても深く読まれたんですね

私は何年か前に読んだので忘れかけていましたが、やはりこの本を読んだとき、今の日本の食のあり方の危なさというか意識すらされないことに危機感を持ちました。間違っているのに戻れないような予感。そんな読後の感覚は憶えています
この本は高校生の娘が読んでいて読ませてもらったんです。物語ばかり読んでいた私にはけっこう衝撃でした^^
今度、読み直してみます。
【2008/08/15 14:23】 | sara #- | [edit]
ryokoさん
蛇口をひねれば飲料水が出て、食べ物の心配もせずにすむ生活って、私達には普通すぎて気づきにくいけれど、世界中から見れば、実はとても恵まれているんですよね。

saraさん

そうそう、この本は高校生にお薦めって教えていただいたんですよね。
今の長女はハリーポッターの最新刊さえガマンしているようなので、すぐには読めそうにないけど、時間が出来たらぜひ読んで欲しいです。
良い本のご紹介、ありがとうございました!
【2008/08/17 15:02】 | さーにん #- | [edit]
そっか、
その方、すごく素敵な方ですね♪
こんなコメントしか出来なくって、
ごめんなさい。
でも、ほんとそう思いました♪
【2008/08/17 15:39】 | ともぴぃー #iDX8.YKs | [edit]
ともぴぃーさん

いえいえ。 ありがとうございます。
本当に素敵な人でした(*^^*)
【2008/08/17 17:07】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/121-2d8fbe26
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。