スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ハリー・ポッターと死の秘宝

2008.08.20(11:02)
一作目のハリー・ポッターと賢者の石 日本語版が発売されたのは、1999年。
娘たちに、毎晩寝しなに一章ずつ読み聞かせをしました。
11才の魔法使いの男の子のお話は、当時8才と4才だった娘たちを夢中にさせ、彼女たちは毎晩の読み聞かせタイムを本当に楽しみにしていました。
その習慣は2作目、3作目と続きました。
上下巻となった4作目のころには娘たちも大きくなり、読み聞かせもしなくなり、誰がいちばんにハリーの最新刊を読むか?が問題になったり、読み終わってみんなでああでもない、こうでもない とおしゃべりをしたり。

そして、いよいよ心待ちにしていた最終巻が発売になりました。 
長女と同い年、17才になったハリーの物語です。

が、受験生の夏を迎えた長女、今回は受験が終わるまで読まない宣言をしたため、私もあえて入手せず、来春のお楽しみに取っておくつもりでした。
が、たまたま貸してくれた友人がおり、はじめのページをちょっと読んだが最後、長女につきあう気持ちをすっかり忘れてしまった さーにん。
というか、夢中で読んで家事さえ忘れてしまった(爆)
結局1日で読みきってしまい、その日のさーにん家の夕食は出前ピザでした(爆)

 

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る


今回は特に構成の緩急の付け方がうまいなあ と思いました。
禍々しく怖ろしげなシーンから一気にスピード感溢れる緊迫した場面へと続く冒頭部分、小休止のごとく緊張が緩む家族団らんシーン、そして孤立感や焦燥感に覆われた長い季節のあとで、いよいよお話はクライマックスに向けて助走をはじめます。

事の真相が最後まで見えず、ひとつひとつの展開にハラハラさせられ、ラストでスッキリ!の いつものパターンも健在。
これですべての疑問がとけたスッキリ感とあいまって でしょうか、話のまとめ方への納得度や話の運び方など、今回はとくに、最終章に相応しく際立っているように思いました。

また、これから楽しみに読まれる方もいらっしゃると思うので具体的な内容には触れませんが、個人的には、これまで散々憎たらしい振る舞いで読者をムカつかせていた「子供達」を悪役に終わらせない作者の姿勢が特に良かったです。

ハリーも、その仲間たちも、この6作で本当に大きく成長しました。
うちの娘たちも、それなりには成長している かな。
来春、晴れて読み終わった長女と感想を言い合うのが楽しみです。

にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

 
<<ナ・バ・テア | ホームへ | 一生に一度は富士登山2>>
コメント
今回の最終章は特別いいようですね。
受験生のくせに真っ先に読んだ次女もそう言ってました。。。
私はまだ読んでないんですよ。
楽しみです。
だって、さーにんさん同様読んだ人はみんな褒めてますから^^
他の小説と同時進行で読んでいるのでなかなか進みませんが、時間をとっていつか一気に読みたいです!その日はうちも宅配ピザで(*^_^*)!
【2008/08/20 17:48】 | sara #- | [edit]
おお、saraさんちのお嬢さんは、読まれたのですね!
うちもヘンにガマンしないで読めば良いのにと思うわ~(どうせダラダラ無駄に過ごしてる時間も多いんだから)

書評はまだ読んでいないけれど、そうですか、やっぱり好評なんですね。
うん、本当に面白かったです。そして、満足です。
saraさんも、手にする時はぜひ宅配ピザの電話番号をご用意くださいね♪
【2008/08/20 18:33】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/125-29989be3
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。