スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ダウン・ツ・ヘブン

2008.09.01(17:56)
「スカイ・クロラ」シリーズで時系列的に「ナ・バ・テア」の次にあたる作品です。

ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heavenダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven
(2005/06)
森 博嗣

商品詳細を見る


今回も主人公はクサナギスイト。
前作で基地を去ったカリスマ的パイロットにかわって、今回の彼女は、エースパイロットとみなされる存在になっています。

しかし、彼女の唯一ののぞみは変わらず、戦闘機で自由にとぶこと。

エースパイロットとしての好待遇も名声も、戦闘機で自由にとぶことへの妨げになるならば、彼女にとって何の価値もないどころか邪魔なものでしかありません。

常に敵に遭遇する可能性のある戦闘機でとぶということは、常に死の危険と隣り合わせです。
しかし、それさえ出来るなら、ほかに何も望みはないというほどに、ひたすらに戦闘機で自由に飛びたいと願うクサナギスイト。

怪我でもしない限り死なないキルドレと呼ばれる人種である彼女が切望しているものは、生きている実感をつかむこと なのかもしれません。
生きる実感は、死の存在を身近に感じたときにこそ、強く意識するものだから。


装丁にはじまり まるで詩のような文章の体裁で独特の透明感と浮遊感をかもしだす飛行シーンなど、すべてが新鮮で、その新鮮さに魅せられるままに読みきってしまった「ナ・バ・テア」の雰囲気は「ダウン・ツ・ヘブン」でも そのまま光っています。

それにしても、霧が薄れるようにスカイ・クロラの世界観や主人公のキャラクターが見えた気のする二冊目にいたり、ますますこのシリーズが気に入ってきました。
早く続きのシリーズが読みたい、続きのあることが幸せ。
そんな気持ちになるのも、なんだか久しぶりのような気がします。


関連記事  ナ・バ・テア


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

<<Co2家計簿 | ホームへ | 8月の読書>>
コメント
いいですよね、このシリーズ。
近頃の森さんの本でもっとも続きが待ち遠しかったシリーズでした。
僕には後1冊しか残されていませんが…。

若干悔やまれるのがハードカバーで集めなかったこと。
地味に新書で集めたのですが、カバーは断然ハードの方がすきなんですよね…。
読み直す時にはハードを買うのかもしれません(笑)
【2008/09/01 21:54】 | MaThy #OARS9n6I | [edit]
心待ちにしているものがあるっていいですね。
生きることも死ぬことも、恐れずにいたいなぁと思います。
【2008/09/02 14:23】 | ryoko #- | [edit]
ryokoさん

そうですね。何か読みたいと思っても、書店に何時間いても何も面白そうな本を見つけられないときもあるので、楽しみなシリーズってホント嬉しいです(*^^*)

私は、なんだか、生死を真剣に考えたことがいまだないような気がします・・


MaThyさん

うん、本当にいいです このシリーズ。
なにか、読めば読むほど、主人公を気に入ってくるのと、
あと、自分の想像力不足を認識させられるところが なんとも素敵です。

【2008/09/03 13:34】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/132-e514be8d
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。