スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ここまでわかった宇宙の謎―宇宙望遠鏡がのぞいた深宇宙

2008.09.15(16:27)
小柴昌俊さんがノーベル物理学賞を受賞したのは2002年。
当時、ニュースとともに、ニュートリノとかカミオカンデという言葉が耳に入って、なんだろう?と思っているときに、書店でこの本を見つけました。

書店に平積みされたこの本にはピンクの帯がかけられており、「祝 ノーベル賞受賞!! 小柴昌俊東京大学名誉教授のニュートリノ天文学がやさしくよくわかる!」の文字が躍っていました。

ここまでわかった宇宙の謎―宇宙望遠鏡がのぞいた深宇宙 (講談社プラスアルファ文庫)ここまでわかった宇宙の謎―宇宙望遠鏡がのぞいた深宇宙 (講談社プラスアルファ文庫)
(1999/12)
二間瀬 敏史

商品詳細を見る


それから6年たちますが、今でもときどきこの本を読み返します。

ほかにも色々この手の本を読んでいるのですが、相性というのでしょうか、
私にとってこの本ほどわかりやすく楽しく、宇宙のはじまりや星の誕生、ブラックホールについて現在わかっていることや研究されていることについて書かれた本には なかなかありません。
(帯にうたわれていたニュートリノについての解説箇所もわかりやすいのですが、実は小柴博士のノーベル物理学賞受賞にあわせて加筆されたものが大半で、この本のメインではありません)

でもときどき読み返すのは、読んでいる時は楽しくてわかったつもりになっているのに、しばらくたつと すぐに忘れちゃうから(爆)

そして今回、また読み返していたら、「ホーキング放射」についての説明があったことに あらためて気づきました。

「ホーキング放射」とは、ブラックホールにまつわるホーキング博士の物理予測です。
ひらったく言うと、ブラックホールからは熱放射が放出されており (なので、ブラックホールは暗黒ではない)、その影響で、ブラックホールはいずれ蒸発するのだとか。

ホーキング博士が このことを言い出したとき、彼はすでに有名になっていたのですが、まわりの誰もすぐには信じなかったそうです。
その後、何人もの専門家の計算によってホーキングの予測どおりの結果が確かめられているそうなのですが、それまでのブラックホールの概念をひっくり返す学説だったのですね。

「ホーキング放射」の詳しいことは難しすぎて私には さっぱりわかりませんが、この理論を応用してゆくと、ブラックホールに落ちてゆく人を脱出させることも可能なのかもしれません。

え? そもそも、人がブラックホールに落ちるような状況なんて ありえない?
と、思った方は、ホーキング博士と娘ルーシーの科学ファンタジー小説宇宙への秘密の鍵をどうぞ。

実は先日読んだ この本が頭に残っていたので、今回「ホーキング放射」について少し理解できた気になった私でした。


関連記事   宇宙への秘密の鍵

にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

<<ブログ通信簿 | ホームへ | フラッタ・リンツ・ライフ>>
コメント
こんばんわ。
科学物だいぶ読まれているのですね。
わたしも先生がノーベル賞受賞されたとき読みました。
書かれてありますように
わかりやすくとてもおもしろかったですね。
「ホーキング放射」わたしも詳しいことは忘れてしまったのですが(^_^;)、すごいなーと思った覚えがあります。
宇宙の本を読むとわたしは不思議に心が安らぎます。
人は宇宙のチリから生まれまたチリに戻る、たまゆらの宇宙のブランコで遊んだ後に。なんか何事もたいしたことないなーと思えてきます(^_^;)
【2009/07/11 03:49】 | KOZOU #- | [edit]
KOZOUさん

いつもコメントいただきありがとうございます!

私は学生時代ほんとうに理数系が苦手で、特に物理は、まるで理解できませんでした。
大人になって この手の天文学や物理学の本を読むようになって はじめてこの学問の意味や楽しさを見出したと思います。
(学校の勉強ってなんであんなに面白いことを無味乾燥の固まりに変えてしまうんだろう?)
宇宙の星たちと自分達が同じ原子でできていると知った時には感動で胸がふるえました。 
【2009/07/11 08:22】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/144-a121fbea
【2008/09/16 18:24】
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。