スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

精霊の守り人

2008.09.21(13:46)
文化人類学者がティーンエージャー向けに書いたファンタジー小説。
30才の女用心棒という異色の主人公が、架空の世界で活躍するシリーズの最初のお話です。

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)
(2007/03)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


読み出したら止まらなくなって、最後まで一気に読んでしまいました。
こういう本との出会いがあるから、読書はやめられない。
まったく、心からそう思わせる素晴らしい作品でした。

まずファンタジー作品として、架空の世界がきちんと作りこまれているので、違和感なくその世界へ入り込めること。
これはファンタジー作品の大前提ともいえますが、 日本人作家の作り出すしっかりしたファンタジーの世界は、違和感がないどころか、土や風のにおいさえ感じさせる どこか懐かしい風景にさえ思えました。

そしてそこで活躍する人々がなんとも魅力的で生き生きしています。

特に、めっぽう強い女主人公バルサには、頼もしく胸のおどるような戦闘能力のほかに、内面に母性ともいえる優しさを備えているエピソードや、育った境遇からくる寂しさや使命感を心に秘めたいきさつなど多方面からスポットが当てられ、ひきこまれずにはいられません。

バルサの周囲の登場人物たちも、それぞれの行動や気持ちが まるで息をしているかのように感じられ、どれも魅力的です。

読み手の立場によっては、 バルサを愛しながら黙って見守り続けている幼なじみの呪術師タンダに共感を覚える人もいるでしょう。
また、年齢の近さから第二皇子チャグムに自分を重ね合わせる幼い読者もいるかもしれません。

これらの登場人物たちが経験する出来事の なんと不思議で過酷でスリリングなことか。
そしてそれぞれが、時に運命の過酷さを呪い くじけそうになりながらも、戦い、支えあい、絆を深めつむいでゆくストーリー。

物語の終盤で、第二皇子チャグムがバルサに向かって万感の思いを込めて
「チャグムって呼んで。」
と言い、それにバルサが応えるシーンでは、その心の動きが胸にせまり、思わず涙がこぼれてしまいました。


独自のファンタジー世界の確立、魅力的な登場人物たち、筋立ての面白さ以外に、日本語の確かさ、作品の底に流れる作者の目のあたたかさ・・と、素晴らしい点は他にも何拍子も揃っているのですが、しかし、私などがひとつひとつ解説するより、まあいいから、とにかく一度読んでみて と言うのが一番正解のような気がします(笑)。

冒頭で、ティーンエージャー向けに書かれた小説と紹介しましたが、大人の読書家にもじゅうぶん満足のゆく一冊です。
「新潮の100冊」のリストに入っているのも頷けます。


関連記事  流れ行くもの
        新潮文庫の100冊2008


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

<<ディズニーハロウィーン | ホームへ | いまここに在ることの恥>>
コメント
以前、雑誌「ダ・ヴィンチ」でこの作家さんが特集されていて、その時から気になっていました。
子供のほうがこの本は詳しいです^^;ファンタジーは読みたいときとそうじゃない時があって、最近は「ハリー・ポッター」漬けなので、その後挑戦しようかなv-220
【2008/09/21 16:16】 | sara #- | [edit]
>まあいいから、とにかく一度読んでみて

分かりました。
【2008/09/22 01:39】 | MaThy #OARS9n6I | [edit]
ファンタジーものは、今まであまり読んだことがないのですが、
引き込まれそうな予感です。
どの世も、絆が大切なんでしょうね。
【2008/09/25 06:56】 | ryoko #- | [edit]
saraさん

おお、saraさんとこのお嬢さんは既読でしたか。saraさんも、お嬢さんも、よく本を読まれていますよね~。
saraさんも、ハリーポッターのあとファンタジーを読みたくなったら これぜひおすすめ!
ハリーより馴染みやすく、肩がこらないと思います。

MaThyさん

あははっ。 
まあ、とにかく1度読んで、ご感想を聞かせてください♪

ryokoさん

この物語に出てくる人と人の絆の中で、ベースにある最も大切な絆は、主人公バルサと育ての親ジグロの絆のようです。
ジグロという人は、物語中ではすでに亡くなっていて出番は回想シーンくらいなのですが、大人になったバルサの行動の随所にジグロとの絆を感じます。そのあたりもお話に深みを与えていて、本当に良い小説だと思います。
【2008/09/28 12:12】 | さーにん #- | [edit]
遅ればせながらTBさせていただきます.
さーにんさんの仰るとおり,多面的にスポットが当てられているのが,お話に深みを与えていますね.
【2008/09/29 23:38】 | kova #- | [edit]
kovaさん
TBありがとうございます。なかなか時間が取れず滞っていますが、「闇の守り人」の記事も近々アップしますね。
(実は もう「夢の守り人」も読み終わっています・・)
【2008/10/02 20:58】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/148-48107523
【2008/09/22 10:14】
  • 書評:精霊の守り人 / 上橋菜穂子【無辺光 -ムヘンコウ-】
    精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2) なぜ,と問うてもわからないなにかが,突然,自分をとりまく世界を変えてしまう.それでも,その変わってしまった世界の中で,もがきながら,必死に生きていくしかないのだ.だれしもが,自分らしい,もがき方で生き抜いていく.ま
【2008/09/29 23:34】
  • 精霊の守り人【ゆすらうめの樹の下で】
    上橋菜穂子 「精霊の守り人」昨夜、読了しました。評判通り、面白い。そんな言葉が、真っ先に、口をついて出てきました。あらすじは、省きます。この物語の魅力は、色々な読み方、受け止め方が出来るというところではないでしょうか。大人が読めば、バルサに感情移入して...
【2009/08/09 20:19】
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。