スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

富士山を汚すのは誰か/野口健

2009.06.22(18:48)
1999年、最年少でエベレスト登頂を果たしたアルピニスト野口健さんが記者会見で口にした「次の目標」は、エベレスト清掃でした。
日本隊のゴミが多く残るエベレストの現状を眼にして、日本人としてとても恥ずかしく悔しい思いをされたのがきっかけだといいます。
その同じ思いは日本を代表する山,富士山にも向けられました。
野口さんが富士山清掃活動に取り組み始めたのは今から9年前、2000年のことだそうです。

富士山を汚すのは誰か    ――清掃登山と環境問題 (角川oneテーマ21)富士山を汚すのは誰か ――清掃登山と環境問題 (角川oneテーマ21)
(2008/05/10)
野口 健

商品詳細を見る



本書では、著者が山の清掃活動に取り組み始めたきっかけから山のゴミ問題の原因、実際の清掃活動、行政や自治体との交渉や問題点などが実にわかりやすくスッキリ書かれています。
山の清掃活動への情熱と決意が行間からズッシリ伝わってくるのに、読みやすくまとめられ洗練された文章に仕上がっています。
それは著者がいかにこの問題を日々考えて考え尽くしているか、そのことを、公演や交渉などでいったい何度どれだけ多くの人に伝えてきたかのあらわれではないかと思います。

また、今後、地元の人や登山客にとって どのような富士山のあり方が望ましいのか、著者なりの展望や考えはとても説得力があり、面白いと思いました。
特に、登山鉄道という考えは面白いと思いました。
登山鉄道が引かれれば、富士山は今よりも一般の登山客に身近な山となり、また同時に5合目までの車の排ガス問題も解消するわけですし。そういえば10年ほど前、当時下は4才の子供から60代の両親までいっしょにユングフラウの観光をしましたが、あれも登山鉄道があったればこそ でした。


トレーニングで登る雪に覆われた富士山しか目にしたことのなかった野口健さんがはじめて見た2000年5月の富士山は、ゴミとし尿であふれ惨憺たるありさまだったといいます。

それから8年後の昨年2008年に夫と富士山登山ツアーに参加した私(記事はこちらこちら)が見た富士山は、ゴミひとつ落ちていない山に変わっていました。
また、かつては垂れ流されたトイレットペーパーが遠目からは白い川にみえるほどだったというし尿問題も、各種バイオトイレの設置に伴い解消されていたのでした。

これまで地道に活動されてきたNPOやボランティアの方々の努力も大きく、また近年では登山客の意識やマナーもずいぶん変わったのだと思います。
しかし、清掃活動の気運を盛り上げ、いっぱんの登山客の意識を向上させたのは、やはり野口健さんの活動が大きく影響しているのではないでしょうか。


<<100万回のコンチクショー/野口健 | ホームへ | ピアニストという蛮族がいる/中村紘子>>
コメント
いいほんやワあ
これ息子に読ませたいわ
この夏合宿で、山の掃除に行くの。
富士山ではないのですが
この野口さんの心を知ってほしいなあ、、、
【2009/06/24 23:43】 | たーぼのはは #- | [edit]
さーにんさん、おはようございます。Tucker です。

以前、野口健さんのインタビューを聞き、その中で出てきた(政治家の)橋本龍太郎とのエピソードが印象的でした。
(そのエピソード自体は、野口健さんの公式サイトに載っているので省きますが)

インタビューを聞く限り、語り口の柔らかい人だなと思っていたら、大物政治家にケンカ腰で会いに行く、というエピソードが飛び出して、その落差が印象的でした。

荒れている高校に講演を頼まれた時、あまりにヒドイので、講演中にステージから降りて、特に態度の悪い生徒を殴った、ということもあるそうです。
(その後、何事もなかったかのように戻って、話を続けたらしいです)

この話だけでも情熱のある人なのだなと思います。
【2009/06/27 10:28】 | Tucker #- | [edit]
たーぼのははさん

ははちゃん、いつもありがとう(*^^*)
おお、たーぼくんがこの夏、山の清掃活動に参加するのですね♪
本の中で野口さんが書いておられますが、1度清掃活動に参加すると、その後の日常生活でもゴミに対する意識が高くなるそうで、他人のためにも自分のためにもとても有意義な体験になると思います♪

Tuckerさん

コメントありがとうございます!
橋本元首相とのエピソードは有名みたいですね。この本にも詳しく載っていました。

この本のあと「100万回のコンチクショー」を読んだのですが、野口さんの情熱の元が、コンチクショー精神にあるというのが良くわかって面白かったですよ(*^^*)

【2009/06/27 12:42】 | さーにん #- | [edit]
こんばんわ。
野口さん、ほんとに尊敬ですね。
真に山を愛する人だと思います。
富士山もかってはひどかったですが、最近登っていないので知らなかったですが見違えるようになっているのですね。
エベレストのベースキャンプでさえ相当の汚染があるということで、本当に将来のため掛け替えのない自然をのこしていかないといけないですね。
橋本氏ともけんか腰で(*^_^*)尊敬です。
ユングフラウヨッホにご家族で行かれたのですね。最高ですね(*^_^*)
富士山にも登られ山がお好きなのですね。

よろしかったらうちのサイトものぞいていただくと嬉しいです。
【2009/06/28 23:53】 | KOZOU #- | [edit]
KOZOUさん

私が見た富士山は5合目から先ですが
(そこまではツアーバスで直行だったので)
本当にキレイなものでした。
5合目からしばらくは、ボランティアの方がたくさんいて、
登山客が飲み終わるのを待ってペットボトルや空き缶の回収をするほどで。

ただ、今問題になっている不法投棄などは
ふもとだと思うので、こちらはどうなんでしょうね。気になります。

私は本来 出不精のインドア派なので
富士山やユングフラウヨッホは
たまたまなんです(^ ^;)ゞ
あと、登ったことがあるのは茶臼岳くらいで(それも途中まではロープーウエイ)

でも、去年の富士山は、頂上に着いたときの達成感といい
周りの景色や空気や なにもかも
本当に素晴らしく、楽しかったので
これからも機会を見つけて無理なく山歩き程度で楽しめたらいいな♪
と思っています(*^^*)

はい、KOZOUさんのサイトにもまたお邪魔させていただきますね。
よろしくお願いします♪
【2009/06/30 11:03】 | さーにん #- | [edit]
野口さんの提唱や皆さんの協力で富士山も相当きれいになっているのですね。
富士山、よかったでしょうね(*^_^*)
ほんと山は逃げないし、自分のペースで自分の好きな山に登れるからいいですよね。
野口さんや植村さんは半ば化け物です(*^_^*)
【2009/07/01 20:40】 | KOZOU #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/228-b33ef827
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。