スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

青い鳥/重松清

2009.07.26(16:59)
この人の本は、本当に涙率が高いです。
読んでいるうちに気がつかないくらい自然に登場人物の気持ちに沿ってしまい、つい涙がこぼれてしまう。
物語の背景や文章の書き方が自分にあっているからだろうか。
それもあるでしょうが、やはり登場人物の気持ちの描写が抜群にうまい人なのだと思います。


青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る


8編の物語で構成されたこの本には、いろいろな中学生(あるいは元中学生)が登場します。

学校にいるとひとことも声を出せなくなってしまう子、自分でも説明のつかない衝動から教師を刃物で刺してしまった子、どうしても校風に馴染めない子、父親に自死されてしまった子、、、
家庭環境や性別はさまざまですが、 8編の物語に登場する中学生たちはどの子も心に重荷を抱えています。
そして、重荷を抱えて深い孤独の森を彷徨っているようです。

子供に限らずですが、心に重荷を抱えた人が孤独におちいるのは、頼るべき人や自分を理解してくれる人がいないと感じたときです。

村内先生は臨時教師として各地の中学校に赴任し、疎外感や孤独やいらだちを感じる彼らと出会います。
そして子供たちとの淡い交流を通して大切なことを伝えてゆくのです。

大切なこと。それは、きみは1人ではない、いつもそばにいるよ というメッセージ。

ひとりではないと感じたとき、勇気が持てる、強くなれる、優しくなれる。
本に登場する子供たちに限らず、真実だよなあと思います。

それから、草野心平の詩の話しが出てくるお話しがあり、久しぶりにこちらも読みたくなりました。
最近は国語の教科書でとりあげていないようなので、本を読んではじめて草野心平を知る中学生もいるかと思います。
本を読んで興味を持ったら、お話の登場人物の男の子のように図書館で詩集を借りて読んでみてはどうでしょう。

蛙のうた―草野心平詩集 (美しい日本の詩歌)蛙のうた―草野心平詩集 (美しい日本の詩歌)
(1997/08)
草野 心平

商品詳細を見る


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ
<<ぶらんこ乗り/いしいしんじ | ホームへ | ご冗談でしょう、ファインマンさん>>
コメント
重松さんの本って
うるうる率高いですよね

とはいえ「きよしこ」とか「その日の前に」とか「きみの友だち」とかくらいしか読んだことないんですけど(笑)

「青い鳥」は映画にもなりましたよね。予告編観ただけでなんかうるうるしそうでした

【2009/07/27 16:19】 | 赤坂王子 #- | [edit]
こんにちわ。
こちらの豪雨ようやく峠を越したようです。
重松さん初期の「エイジ」や「ビタミンF」くらいしか読んでないですけれど中学生くらいの子の揺れ動き不安な心をよく書いてあるなと思いました。
「青い鳥」も様々な重荷を抱えている子供たちが登場してくるのですね。
村内先生が青い鳥なのですかね。
作者の優しさがよく出ているようですね。
草野心平さんいいですよね。
単純で優しい詩は心穏やかになります。
【2009/07/28 12:55】 | KOZOU #- | [edit]
こんばんは、YO-SHIです。

この本は1年ほど前に読んだんですが、その時のこと思い出しました。
読み進むほどに胸が締め付けられるような気持ちになりました。
子どもがつらい目に合う話は、私もつらくてダメなんです。
テレビでも、一時期に何本かありましたが、とても見ていられない。

この本の場合は、村内先生の存在が救いです。
「間に合ってよかった」の言葉は私にとっても救いです。
【2009/07/28 23:09】 | YO-SHI #DvI991tw | [edit]
赤坂王子さん

うわあ・・・嬉しいです、いらっしゃいませ!
あげてくださった本、私も読みました。
「きよしこ」はマイ・ベスト・オブ・シゲマツです。この本が一番好きです。
うるうる率が一番高かったのは「カシオペアの丘で」です・・・毎章の終わりごとに泣かされました。

KOZOUさん

「エイジ」「ビタミンF」も良かったですよね。重松さんは子供の気持ちを書くのもうまいけど、その親世代視点で書くのも上手ですよね。
「青い鳥」は短編のうちの1つのタイトルです。でも、全体のテーマに通じるキーワードのように思えました。
村内先生は子供達に青い鳥の存在を気づかせる役割を担っていたのかもしれません。
次に図書館に行く日は草野心平の詩集を探す予定です。

YO-SHIさん

子供のつらい話は読んでいるこちらも本当につらいですよね。
重松さんのは、特に、今の自分達の子供世代が抱えているつらさを子供視点で掘り下げるので身に沁みます。
でも、彼の場合、下敷きに子供たちへのエールといった気持ちがあるように感じます。 
この本もそうですが、結末を見るとほっとするお話が多いです。


【2009/07/29 09:34】 | さーにん #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/09/11 19:15】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/240-943cea85
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。