スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ご冗談でしょう、ファインマンさん

2009.07.22(20:32)
原題は SURELY YOU'RE JOKING,MR.FEYNMAN! だそうなので、「ご冗談でしょう、ファインマンさん」はそのままの邦訳ということになります。
楽しいタイトルですよね。
理数オンチの私など、ノーベル物理学賞受賞者の自叙伝など、とてもとても堅苦しくて難しそうで手が伸びないところですが、このタイトルのおかげで ちょっと読んでみようかなという気になりました。


ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
(2000/01)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)
(2000/01)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る


で、手に取ってみると、予感どおりの面白さ。
堅苦しい話は殆ど見当たらず、子供時代からのファインマンさんの面白い数々のエピソードが満載です。
それらのエピソードはすべてファインマンさんの好奇心と探究心から生まれたものなのですが、理数の学問に限らずバラエティに富んだジャンルのお話しが飛び出します。

たとえば、マンハッタン計画に携わっていた頃。
重要機密書類を保管する金庫に興味を持ち、金庫について熱心に研究。
しまいにはいろいろなコツやテクニックを駆使して金庫をあけることができるようになってしまい、「立派な金庫さえあれば安心」と考えていた研究所の人々を慌てふためかせてしまいます。

また、ブラジルの大学で教えることが決まれば熱心に言葉を勉強し、現地ではしろうとのサンバ演奏者たちの仲間入りをして打楽器の練習に明け暮れたり、学会で日本に来ることが決まった時には日本語の勉強もし、日本の文化に触れるため和式の宿を希望し、苦手な魚も「どしどし食べた」とか。
親日派だったファインマンさんの日本滞在時のエピソードは、私達日本人にはとりわけ楽しいです。

ほかにも、絵を描く事にはまったときには、自ら自分の絵を売るための営業をしたり、個展まで開いたり、バーの女の子と仲良くなるテクニックを研究したり賭け事の勝率を真剣に計算したり、ファインマンさんの好奇心と探究心はあらゆる方面に向かっています。

もうひとつ印象的だったのは、ファインマンさんの肩書きや地位や立場などに捉われない行動です。
学生時代のパーティで、いっしょに踊っていて楽しい女の子のグループがいたので合流したが、まわりは彼女たちを避けていた。それは彼女たちが聾唖のグループだったせいらしいが、自分としては一緒に踊るのになんの不自由もなかった という話は、特にファインマンさんの合理的で偏見にとらわれない考え方がよく現れているように思いました。

いろいろなことに疑問を持つこと、なぜだろうととことん考えること、柔軟に発想することなど、大切だとよく言われますが、ファインマンさんはこれらを体現する人生を送られたんですね。
天才物理学者といわれる人を作り出したのは、生まれつきの頭脳も勿論でしょうが、あくなき好奇心と探究心なのだなあと読んでいてつくづく思いました。
たいへんに面白い自伝でした。


関連記事 科学は不確かだ!
<<青い鳥/重松清 | ホームへ | エアコンが壊れた??!>>
コメント
何をやってもプロ並みになってしまうというのが凄いですよね、ファインマンさん。
ただでさえ天才物理学者なのに、売れるほどの絵も描けてしまうなんて…
天は二物も三物も与えるじゃないかー! と思いました(笑)
でも、日本語の習得は諦めたんですよね(笑)
【2009/07/24 17:21】 | nakaji #aJiwwryw | [edit]
なにをやってもプロ並みになるって、きっとすごい凝り性なんでしょうねえ。
しかし一般人よりかなり忙しい方だったでしょうに、その時間を作り出せるというのがすごいなあと思います。
私なんか、なにもしないで1日が終わってしまうのに^^;;
日本語は場面によって使い分ける尊敬語や謙譲語は私達でも難しいですものね、初心者でそんなことを教えられたらさすがのファインマンさんも投げ出したくなったのでしょうね(笑
【2009/07/24 18:58】 | さーにん #- | [edit]
ひとつを極める人はどこか型破りで、一途なんでしょうね
何時も面白い本を教えてくれてありがとう。
ただいま我が家読書感想文、に、取り掛かってます。私ががんばってどうするねんっていいながら、ついつい、時の間違い、などチェックしちゃてr(笑い)
さて甲子園のこと見てくれてありがとう。
奇跡的な出来事に、心が弾んだわ。

そちらの雨はいかが?
大阪は怖いほど降ってるの。
【2009/07/25 12:48】 | たーぼのはは #- | [edit]
おはようございます。
こちらまたすごい豪雨でちょっと異常な感じです。
たいそうおもしろそうですね。
わたしも理数嫌いでファインマンの肩書き見ただけで引きつけ起こしそうですが、これほど魅力的な人とは知りませんでした。
書かれてありますように飽くなき好奇心と探求心の塊だったのでしょうね。
やはり人生を豊かに楽しくする秘訣なのですね。才能は足下にも及びませんがこれなら少しは見習えそうです。(*^_^*)
【2009/07/26 09:05】 | KOZOU #- | [edit]
こんばんわ。
ようやく雨もおさまりました。
さーにんさん、いつもコメントありがとうございます。
暗い話でも最後、最後救いのあるのが好きなのですがあれはちょっと救いがなかったですね。レスを書いていますのでいつでもいいですからご覧になってください。
【2009/07/26 23:40】 | KOZOU #- | [edit]
さーにんさん所は雨はいかが?
大阪はもう何日、青い空見てへんかしら?
何事もないこと祈ってるね。
息子のこともありがとう。おかげで元気よん。
【2009/07/27 09:39】 | たーぼのはは #- | [edit]
たーぼのははさん

子供たちはいよいよ夏休み。
読書感想文の季節ですね~。
本によって、感想文を書きやすいものと書きにくいものがありますよね。たーぼくんは何の本で読書感想文を書くのかしら。興味しんしんです。

こちらも昨日未明は物凄い雨でした。
いまは降ってはいないけど、曇りのハッキリしないお天気。
からりと晴れるのは週末になりそうです。
ははちゃん地方は本当にすごい降水量みたいですね。新聞に80mlを超えるとすごい圧迫感を感じると書いてありました。
お洗濯も頭が痛いですよね。これ以上災害が起こりませんように・・・
【2009/07/29 08:59】 | さーにん #- | [edit]
KOZOUさん

こちらも曇ってはいますが、今日はやっと1日傘なしでいけそうです。

自作の物語をお書きになるうえ、山という素敵な趣味までお持ちのKOZOUさんは、私から見ると、好奇心と探究心をじゅうぶんお持ちですごいですよ。

先日の短編は、あまりにも気持ちが入り込んでしまって、救いが見たいとまで思ってしまいましたが、考えてみると作者さんにリクエストだなんて、とても失礼でした。お気を悪くなさいませんでしたでしょうか。ごめんなさい。
【2009/07/29 09:17】 | さーにん #- | [edit]
あ、この本、うちにもある、と思っておもわずまたお邪魔してます、こんばんは(*^^*)
うち、といいますのは、うちの店、ということですが(わたしは書店員)

うちでは残念なことにヌシのよーに何年もいる本なのですが(つまり売れてない><)さーにんさんのお言葉で、この際わたしが買ってみようか、という気持になっています。
【2009/07/30 01:03】 | なな #XrwkbYLc | [edit]
ななさん、いらっしゃいませ!
お返事が遅くなりすみません。

なんと書店にお勤めなんですね。憧れの職業です~。

ファインマンさん、売れませんか。
私は図書館で予約したんですが、新作でもなんでもないのに10人待ちくらいでした。
あと、今年の子供の現代国語の教科書(中3)に、オススメの100冊というのが載っているのですが、その中にもリストアップされていました。
なので、けっこう人気はあると思うのですが、、、あっ、私みたいに図書館で派が多いのがいけないのかも?m(_ _)m

【2009/08/04 14:18】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/244-2929da5a
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。