スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「親やまわりの大人に相談しましょう」

2011.05.17(15:18)
子供が困ったことに遭遇したとき
「親やまわりの大人に相談しましょう」というのは正しいと思う。

ひとりで抱え込まないで、相談すること。

とても大事だと思う。

さいわいうちの娘たちは、そうしてくれている。

こんなことしちゃった、怒られるかもしれない と思いながら。
こんなことを話すのは恥ずかしい と思いながら。
手に余る事態になる前に、話してくれている。

それで私も対処するわけだけど、
どう対処してよいかすぐには決断できず悩んだり、
えええ と驚いたり、青くなったり。

娘たちといっしょに怒ったり悲しんだりしながら
  なんとか対処するわけだ。

子供だけではどうにもならない、早めに相談してくれてよかった。

とは思うものの、こちらもいちいち戸惑い悩む。

「親やまわりの大人に相談しましょう」は正しいし、
それさえできれば何とかなりそうな安心感を覚えるフレーズに感じる。

けど、安心感の源のかんじんの親(私)は、なにかあるたび
いちいちおろおろするのだよ。

<<今読んでいる本 | ホームへ | 携帯から>>
コメント
きみやすです。

お元気そうでなによりです。

>手に余る事態になる前に、話してくれている。

これって凄く大事なことですよね。
実は、簡単にできるようでなかなかできないことだと思います。

>娘たちといっしょに怒ったり悲しんだりしながら

ここも、すごいですね。

大人(親)が単独で処理するのではなく、子供も一緒に問題に取り組む。

結構、大人の方も、処理できる内容で
あったり、子供に頼られたい、良いところを見せたいと思って
処理してしまうと

子供にとっても成長にもならないし
むしろ、その問題の当事者意識が薄れ
親に頼る傾向が強くなるような気がします。

まぁ、さーにんさんのお嬢さんたちであれば、そんな心配は無用な気がしますけど。

>いちいちおろおろするのだよ。

自分も、上の娘が思春期に入り
距離をとりつつも
隠れたところでおろおろしたりしています。

完璧な親もいないし
完璧な子供もいない。

むしろ、おろおろしたり
オタオタしながら
親として、こっちが子供に育てて貰っているような気が最近はしています。

いきなり、長文のコメントで申し訳
ありません。

それでは、また。






【2011/05/19 20:55】 | きみやす #- | [edit]
こんにちは。
久しぶりで、嬉しいです。

子供の立場しか経験したことないので、難しいですけども、一生懸命になってくれる親が欲しかったので、お子さんが羨ましいです。

ちなみに、「親や周りの大人に相談しましょう」って言葉は嫌いです。
「相談しない子」「相談しなかった子」っていうモノを作り出して、言い訳したい大人がいるんだと思います。
「相談してくれてたら何とかできた」って言いたくなかったら、相談されるごとに一生懸命になるしかないのだろうなぁ、って思います。

そう思う僕は、曲がってるなぁ、って思ったりもしますが(笑)
それでも、言い訳しないかっこいい大人になりたいです。
【2011/05/22 19:47】 | MaThy #OARS9n6I | [edit]
どうも、コメントしづらい酔っぱらいの戯言レベルにコメントくださって恐縮しまくりです。
なにか、本当に申し訳ないです・・・

ところで、いえいえ、Mathyさん
ちっとも まがってなんかいませんよ~

「親や周りの大人に相談しましょう」は、私も大人になって つくづく思うことです。
私も もう全然相談なんて誰にもできなかったクチですから。
ただ、親になり、自分の子供やまわりの子を見るにつけ、
過去の自分の痛い失敗やらの記憶が蘇ります(笑
相談できたほうが はるかにラクだった、つらい思いをせずにすんだ
そんなふうに、残念な気持ちとともに、自分の子供のころを思いだします。

でも、後悔じゃなく。なぜならその時の自分がそうできなかったのは
自分のせいではなく、たぶん周りの大人がそうさせてくれなかった。

拒絶とかではなく、
打ち明けにくい雰囲気とか、
相談してもしかたないんだろうなみたいな大人に対する諦めとか、
なにかそういったものを感じて。

なので今思う「親や周りの大人に相談しましょう」は、
そう思われる大人でありたい自分の願望と周囲への期待でしょうかね。

自分については いつまでたっても、想像していた頼もしい大人になれず、
毎回あーあ という感じで、今回は その愚痴吐き出しだったわけですが(爆

それにしても、子供たちが、まわりの大人は信頼できる、自分を助けてくれる
って、当たり前に思える世界は
子供たちにとって かなり生きやすい世界だと思うんですよ。

うひゃー 言い訳ばかりで かっこ悪っ!
【2011/05/27 18:51】 | さーにん #- | [edit]
きみやすさん おひさしぶりです!

こんなに放置していたブログにお訪ねいただき
コメントまで、
本当にありがとうございます。

子供の問題は、思春期に入ると
ひときわ悩ましいですよね。
問題の内容もレベルアップするし、
親子関係も、幼い時とは違ってくるし。

男親と女親では また違うこともあるのでしょうね。

でも、きみやすさんおっしゃるところの

>距離をとりつつ、隠れたところで おろおろ

これが正しい親の在り方のようにも思います。

こっちが子供に育ててもらっている・・
これも 本当に同感です。

【2011/05/27 19:04】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/248-f033d6b2
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。