スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

春にして君を離れ

2011.09.02(17:40)
春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/04/16)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る


はじめて読んだのは中学1年生のとき。
つまらない、よくわからない、おもしろくない、
がっかり、期待はずれ!と思いながら、どこかしら心に残る部分があったようだ。
大人になって、いつ頃からか、いつか再読しようと心に引っかかっていた。
そして、今回やっとその機会がめぐってきた。
書くのは気が進まないのだけど、なんと四半世紀以上ぶりの再読である。

結論から言えば、すごく面白い小説であった。
読んでよかった。
と同時に、子供だった自分が読んで面白くなかったのも無理はないとも思った。

だいいちに、この小説は大人向けである。
自分の心の内面を探るお話しなのである。

そして、クリスティなのにミステリではないのだ。
なにひとつ事件は起きない。
「オリエント急行の殺人」にはじまり当時クリスティに大はまりして、
手当たり次第クリスティを読み漁っていた自分が
この小説に行き当たってがっかりしたのも無理はない。

今回あとがきの解説を読んで初めて知ったことだけど、
クリスティはミステリファンの読者のために、 この小説は別名で出し、
相当期間が過ぎるまで本当の作者名を明かさぬよう遺言していたらしい。

出版社にしてみれば、クリスティの名前がなければ売れないだろうし
期日が過ぎればクリスティシリーズの一冊として出版するのは当然だ。
私にしたって、聞いたことのない外国人作家の小説として世に出ていたら
この本を手に取ることはなかっただろう。

けど、せめて、出版社の方は帯とか背表紙の内容紹介とかで
「これはクリスティだけど、ミステリではありません」とか
「殺人や失踪や事件は一切起こりません」とか
周知してくれたらいいのにと思うのだ。

そして「大人のあなたにお勧めしたい一冊」とかの宣伝も
同時にしてくれるといいと思う。
だって、クリスティだけどミステリでないこともそうだけど、
上質の小説であることも本当だから。

再読できてよかった。

<<サーカス象に水を | ホームへ | Water for Elephants>>
コメント
また、面白そうな本ですね。
アガサ・クリスティの本も好きですし、気になりますが・・・

海外の面白い本って、読むと、その国の言葉で読みたかったな、って思いません?
いつも悩むんですよね。特に古い奴。

ああ、悩ましい。
【2011/09/03 23:10】 | MaThy #OARS9n6I | [edit]
MaThyさん

いつもコメントありがとうございますv-252
今回内容にはまったく触れていませんので
MaThyさんの気に入るかどうかちょっと心配です。
でも、もしいつか読むことがありましたら、ぜひ感想を伺いたいです。

巻末のあとがきで栗本薫氏はこの本を
「怖い本」であり
「哀しい本」だと書いています。
でも、私にはどこか喜劇にも思えたので、
MaThyさんの印象も聞いてみたいのです。
【2011/09/07 18:56】 | さーにん #- | [edit]
さーにんさん こんにちは。

本当に内容に触れづらい作品といいますか
感想を書きにくい(笑)
困った作品ですよね。

>だいいちに、この小説は大人向けである。
自分の心の内面を探るお話しなのである。

簡潔で、かつ本質を突いていて
何度も頷いてしまいました。

>巻末のあとがきで栗本薫氏は

この文章のお陰で購入かつ
再読するきっかけになりました。
ありがとうございました。
【2011/10/23 15:23】 | きみやす #- | [edit]
きみやすさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

きみやすさんは、この本既読なのですね。

再読されたら、ぜひ感想を伺いたいです。よろしくお願いいたします。
【2011/10/23 15:43】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/260-e3144d30
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。