スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゴールデンスランバー

2008.03.30(12:31)
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


3冊目にして、伊坂 幸太郎さんの本を掛け値なしに面白いっ!と思いました。

そういえば、最初に読んだ 陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫) も最後まで飽きさせず読ませたし、2冊目に読んだ 重力ピエロ (新潮文庫) なんか、DNAの二重らせん構造絡みの謎解きとかがすごく私好みで(ついでに春くんも私好みだった^^;)、最後までイッキ読みだったのだ。

それなのにこの2冊がイマイチむむむ・・・で終わってしまったのは、多分 私にはラストがおおいに不満だったからなのだろう。

「ゴールデンスランバー」で堪能した見事な文章の組み立て方やテンポの良いストーリー展開などは、前2作でもきっちり発揮されていたのだったとあらためて気がつきました。

ところで「ゴールデンスランバー」は、ビートルズの曲の題名。
同じようにビートルズが本のタイトルに使われているといえば ほかには私は「ノルウェイの森」しか知らないけれども、もっとありそうな気がします。
・・ご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださ~い

  陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)  重力ピエロ (新潮文庫)

  ノルウェイの森 上 (講談社文庫)  ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

     
<<永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢 | ホームへ | 携帯電話の機種変??>>
コメント
ほんと掛け値なしにおもしろいっ!ですね。
全作コンプリートを目指しますよ~。

村上春樹も20代の頃はまってましたね~^^
伊坂さんも村上氏の影響を受けた作家ってことで「村上チルドレン」と呼ばれてるそうですね。作風は全然違うと思うんだけど。
【2009/02/12 15:17】 | るるる☆ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/35-99659152
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。