スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アルケミスト―夢を旅した少年

2008.04.11(19:07)
なんというか、とても美しい物語でした。
誰かに伝えたい(私はとくに子供達に伝えたい)大切な言葉の詰まったお話でした。

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
(1997/02)
パウロ コエーリョ

商品詳細を見る



「アラスカに、オーロラを見に行くのが夢なんだ~」
 と言ったら、
「行ってくれば? 今はパックツアーだって色々出ているからね、あなたはお金を用意するだけだよ」
 と こともなげに返されたのです。ある人に。

「そうは言っても、時間もお金も なかなか自由にならないのよ」
 すこし へどもどしながらこたえると、その人はやさしく笑って
「うん、夢を夢のまま置いておくのが好きな人って多いからね」
 と言ったのでした。

 もうずいぶん前のことだけれど、「夢を夢のまま置いておくのが好きな人」という言葉は、
それ以来ずっと私にまとわりついているのです。
ほろ苦い自省のときや これからの自分のことを考えるときに。

夢の実現を先延ばしにしてしまうのは どうしてだろう?
今は忙しいから、お金がたいへんだから、
家族の理解が得られそうにないから、家族の世話があるから、
そして、しようと思えばそのうち。いつでもできるはずだから と
言い訳は いくつでも思いつくけれど、
それは本当のことなのかな? とちらりと思うのです。

本当は、自分に夢を実現する力のないことがわかってしまったり
失敗したときの事を考えてしまったり、
実現してしまったあとで「こんなものだったのか」と失望したり
「することがなくなってしまった」と空虚な気持ちになるのがイヤで
先延ばしにしているだけなのではないのかな?

それは、「自分を信じていない」という情けない事態なわけだけれども、
そもそも自分には本気で実現したい夢そのものがないのでは?
という さらに情けない疑問も頭の中をかすめたり。

しかし、そうこうするうちに、日常の些事雑事と その中にある幸せに心を奪われ
時間はあっというまに過ぎてゆくのです。
そして またふとしたときに「夢を夢のまま置いておく人」というフレーズが頭の中に蘇るのです。


こういう私にとって、本気で夢を実現しようとしている人は とてもまぶしい。
そして、そんな少年のお話をつづった この本を ものすごく美しい と思ったのです。

世界中で翻訳されベストセラーになったのは、
世界中の多くの人が、夢を実現しようとする事の大切さ、尊さを知っているから
なのかもしれません。
私と同じように、夢を実現しようとする人をまぶしい、と思いながら
いまだに動こうとしない人のわりあいは どのくらいなのかわからないけれども。


にほんブログ村 本ブログへ
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

<<家を出る日のために | ホームへ | 雨・雨>>
コメント
これからの夢って何だろう?って思いました^^
実はあるんですが・・・実現できるといいな。実現できるかな? はい、実現できるように動かなくちゃ!ですね^^
【2008/04/11 21:16】 | ふるり #YgUVdW1s | [edit]
そうですね。
たぶん俺も夢を実現できない人間ですね。
そもそもその術を知らないと言うか、調べようともしないと言うか・・・
夢は夢のままと言うか・・・
う~ん
【2008/04/11 22:42】 | たかぴっぴっぴ #- | [edit]
何だか、考えさせられるお話です。
私の夢は何かな・・・?
夢に向かって頑張ってる人は素敵ですよね。
私は、夢は分からないけど、
「こんな歳だし、もういいわ・・・」
とは、まだ思いたくないな~って思ってます(笑)
まだまだ知らない世界がいっぱいですもんね♪
これから、もっと楽しい事があるかな~って
単純な考えなんですけどね(笑)

【2008/04/11 23:37】 | ともぴぃー #iDX8.YKs | [edit]
記事を読んでいるだけで、感動してしまいました。
こんど図書館で探してみますね。
わたしにも、最近になってようやく夢ができました。
なので、わたしはわたしの期待に頑張ってこたえないといけません。
どうなるのやら。
【2008/04/12 00:58】 | すやすや #r0DGmosw | [edit]
若かりしき頃、私は“夢は実現させるもの”と思っていました。
今はこれといって何もない自分がいます。
やはり、自信がないからかも。
それでも、とりあえず!?家族の大切さを、忘れずに生きていけたらいいかなと、
思えるようになった今日この頃。
今は目の前にある小さな、しかし大きな幸せを見逃さないでいたいですね。
【2008/04/12 05:08】 | ryoko #- | [edit]
ふるりさん

思い浮かぶ夢があるのは素敵ですね!
いつか実現したら ぜひお聞きしたいです~

たかぴっぴっぴさん

そうそう、う~ん って感じなんですよ、
たかぴっぴっぴさんは私と同じとこあたりにいらっしゃるとお見受けしました(笑

ともぴぃーさん

たしかに! 
そりゃ若い頃に比べて体力も記憶力も落ちちゃったけど、「こんな年だし」って年を言い訳にはしたくないですよね。私達、まだまだこれからです(*^ ^*)V ブイ!

すやすやさん

本に興味を持っていただけたようで、とても嬉しいです。もし読まれて感想をアップされたら、ぜひトラックバックしてくださいね。
私は「アルケミスト」がとても良かったので、この人の本をまた探して読もうと思ってます^^

ryokoさん

大切な家族と仲良く暮らす、
ずっとその暮らしを続ける というのは、人が持ち続け努力をし続ける価値のある素晴らしい夢のひとつだと思います。
そして、当たり前に思える幸せをきちんと感じ取れる事も、とても素晴らしい事だと。
【2008/04/12 14:01】 | さーにん #- | [edit]
「夢をそのまま置いておくのが好きな人」って一瞬きつい!と感じますが、良く考えればそのままの意味で夢を語るのが好きな人ということだからいいと思いますね。
そうしたいと思うことは遅かれ早かれ実行するもので、夢のように語ることは実現はしない事柄なのです(私の場合)
どうやっても無理な夢もありますからね。

夢を置かずに実現する人には淡々と実行してもらいたいです
なかなか夢に向かえない者には語る楽しみを下さいね^^
【2008/04/12 14:05】 | sara #- | [edit]
saraさん

「夢をそのまま置いておくのが好き」って、自分の可能性にあらかじめ自分で限界を設けてしまう という意味で考えるとホントきびしいんですよね。
夢想して良い気分になる本当の夢もあるけれども、「どうせ私にはできないから」と諦めてしまったこともイロイロある私としては、それが現実的な良い判断だったというべきか、それとも自分に限界をつけてしまう行為だったのか、いまだにわかりかねるとこもあります。 
【2008/04/12 14:22】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/42-a461ab89
【2008/04/22 19:42】
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。