スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

海ゴミ

2008.04.15(12:41)
仕事が休みだったので、自分の家のゴミを出すついでに、ホウキと塵取りとビニール袋を持ってマンション周りのゴミ集めをしました。


今日は「燃えるゴミ」の日だったので、拾うのは「燃えるゴミ」のみ。

一番多いのはタバコの吸殻。
それから、タバコの空き箱、お菓子や紙パック飲料の空き箱も毎度けっこうな数です。
あと、串も必ず数本。おでんかな、イカかしら。目立たなくて数も少ないけれど、先が尖っているから、万が一小さな子供が拾ったり、犬や猫が飲み込んだら危ない。
それから、よくわからない厚紙、風に飛ばされてきたチラシ、タオル、、
拾ってみると路上にはいろいろな燃えるゴミが落ちていて、ビニール袋はほどなくいっぱいに。
10分程度です。あとは口を縛ってゴミの収集場所に置いておくだけ。

あちこちの空き缶やペットボトルが気になるけれど、これらは次の空き缶ペットボトル回収日と私の仕事の休みが重なったときに。


海ゴミ-拡大する地球環境汚染 (中公新書 1906)という本を読んで、口絵の写真に驚きました。
プラスチックのリングが口輪のようにはさまってしまい食べることの出来なくなったアザラシ、魚網でがんじがらめになってしまったオットセイやウミガメ。
鳥のヒナのお腹からは、びっくりするほど大量のプラスチックの破片が出てきました。誤飲です。

海ゴミ-拡大する地球環境汚染 (中公新書 1906)
中央公論新社
小島 あずさ(著)眞 淳平(著)
発売日:2007-07
おすすめ度:4.5
海のゴミは海の生き物に被害を与えながら海を漂います。
重たい物は水底に沈んでしまい、その数がいったいどれほどなのか計り知ることもできないほどですが、軽い物は いつかどこかの海岸に流れ着きます。

世界遺産に登録され、普通の人は立ち入る事の出来ない知床の海岸が、海から流れ着いたゴミで埋め尽くされ無残な様子になった写真もありました。

海ゴミ-拡大する地球環境汚染 (中公新書 1906)の著書の1人小島あずささんはJEAN/クリーンアップ全国事務局 というNGO団体の代表です。
海岸清掃だけでなく、そのゴミがどこから来たものなのかを調査する活動も行っていているのですが、この本によると、海岸に漂着し海岸を埋め尽くしているゴミのおよそ8割が陸のゴミだそうです。

路上や街のあちこちに捨てられた紙くずやタバコの吸殻、アルミ包装されたお菓子の空袋、ペットボトル、、、
それらは、風や雨や人によって道の端に設けられた側溝に落ち込み、川へ流れ、いつか海に流れてゆくのですって。
考えてみれば、当たり前のことなのだけど、普段目にしている街のゴミと、海岸を埋め尽くし動物を痛めつけているゴミが同じもの という発想が 私にはぜんぜんありませんでした。

ゴミで覆われた海岸なら なんとか綺麗にしたいと思い、海のゴミで被害を受けている動物が可哀想だから助けたいと思うなら、自分が一番確実に簡単に今すぐ出来ることは、自分の周りに落ちているゴミを拾う事なのでは。

そう思ったときから、ゴミの日の10分間ゴミ拾い(仕事が休みの日のみ)をはじめました。
本当は もっと出来ればいいのですが、はじめは頑張りすぎちゃって続かなくなりかけました。
なのでほんとささやかですが、長続きさせるには無理なく出来るほうが良いかな と。
JEAN/クリーンアップ全国事務局 で検索をすると、サイトがあります。
活動の内容や海ゴミの問題点、パネル写真など色々詳しいので、ゴミ問題に興味のある方は、ぜひ。


にほんブログ村 本ブログへ
記事が気に入ったらポチっとお願いします。

 
<<未来への記憶ー自伝の試みー | ホームへ | プラスマイナスゼロ>>
コメント
さーにんさん えらいでございますよ。 私もマンションに住んでいるのですが、ここ数年、ゴミが増えたこと、増えたこと。 郵便受けのところにですね、意味なく飲みかけの缶が置いてあったり。 それが年中です。 しかも誰がやってるのか見当がついてます。 10代のある少年とその仲間・・・でも、私はある事実を知ってるんです。 その子さびしい子なんですよ。 親が忙しすぎて。 いつも寂しそうな顔してるんです。 ということで、缶を見ても、私が捨てておいてあげればいいやと。 そして、缶を見るたび、おっ今日も元気にジュース飲んだねっと思うことにしております。

話のテーマからはずれにはずれてしまい、申し訳ございませんです。
【2008/04/15 12:53】 | シャイドリーマー #8w8Th2ek | [edit]
シャイさん

>缶を見るたび、おっ今日も元気に

なんて、シャイさんもさすがでございます♪ 
これぞ立派な大人・・・ 
っていうか、私の場合、自分がお年寄りに近づきつつあるんじゃ って気もするのよね(爆
小さい頃とか、よく近所のお年寄りが道端を掃いたりしてたのを思い出すんだな・・とほほ
【2008/04/15 13:10】 | さーにん #- | [edit]
さーにんさん、素敵です♪
そういう事を負担に思わず、やっておられるなんて、
見習わなければならないです。

私は、ポイ捨てが今だに理解できません。
なぜ、平気でごみを捨てられるのか・・・
でも、若いカップルが、普通に飴の包み紙を
ポイって捨ててる姿を見てしまっても、
注意する事ができない自分も嫌なんですけどね・・・苦笑

頑張ってくださいね♪
私も出来る事からはじめたいです~。
【2008/04/15 20:03】 | ともぴぃー #iDX8.YKs | [edit]
思っていても、なかなか実行できる人が少ないなか、
さーにんさんはスゴイ!
環境問題が騒がれていても、減らないゴミ。
普段の生活からかけ離して考えがちだから、無くならないのかも。
身近なところをできる範囲で、といのが私達が始めるべきことですよね。
うん、見習わなくては。
私も、無理なく、週一回ペースで、娘との午後の散歩の時間に
土手のゴミ拾いから始めようかな。
【2008/04/15 23:17】 | ryoko #- | [edit]
さーにんさん、りっぱです。
無理なく継続を、も感動です。

みんなが気持ちよくなることですよね
私もゴミ拾い心掛けます!
【2008/04/16 12:32】 | sara #- | [edit]
ともぴぃーさん

私も!ポイ捨ては理解できません~
でも注意できないですよ(爆
まぁ捨てる神あれば拾う神ありと思って、自分が拾える分は拾えばいいかな と。
     ↑
(ちょっと意味が違う・爆)

ryokoさん
お散歩ついでもいいですね!
富士山清掃登山みたいなことにはなかなか参加できないけど、自分が拾ったゴミの分、環境美化に役立ってる点は同じです^^

saraさん

いやーん、リッパだなんて(テレテレ
ゴミ拾い、もしするなら、私のように収集日にするのはオススメです~
(拾ったゴミを収集日まで自宅に置いておくのってけっこう大変なので)
【2008/04/16 18:45】 | さーにん #- | [edit]
おはようございます!
こちらもリンクさせていただきました。
これからも、よろしくお願いしますね。
【2008/04/17 07:42】 | ryoko #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/17 16:32】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/17 19:51】 | # | [edit]
コメントをありがとうございました。
たいへんお恥ずかしい話しですが、そちらへも伺わせていただきたいのですが、場所が分からず迷子になっています・・
次に機会がありましたら、アドレスを残してくださると嬉しいのですが。どうぞよろしくお願いいたします。
【2008/04/18 14:00】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/46-995411b9
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。