スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

未来への記憶ー自伝の試みー

2008.04.18(12:09)
以前紹介した「泣き虫ハァちゃん」(記事はこちら)は河合隼雄さんの幼少時をモチーフに物語化された たいへん心温まる素晴らしい作品なのですが、ただひとつ残念なのは、ご本人が病床に伏せられそのままお亡くなりになったことでハァちゃんの小学校四年生までのお話で終わってしまっている事でした。

「未来への記憶」は、その残念な部分をカバーした、そして物語化されていない河合隼雄さんそのものの自伝です。
もっと早く読めばよかった・・・。 


でも、どちらにも載っている同じエピソードも複数あるし、順番としては「ハァちゃん」→「未来への記憶」が正解かも。

未来への記憶〈上〉―自伝の試み (岩波新書)
岩波書店
河合 隼雄(著)
発売日:2001-01
おすすめ度:4.5
未来への記憶―自伝の試み〈下〉 (岩波新書)
岩波書店
河合 隼雄(著)
発売日:2001-01
おすすめ度:5.0

構成は、ご両親の愛や兄弟との親密な関わりの中で育った「ハァちゃん」そのものの幼少時の思い出から将来の進むべき道を探して悩みを深める学生時代、そして教師になり臨床心理学に興味を持ちその分野の勉強を重ねる様子、そして留学先で実感した日本人と外国人との文化や感じ方の差、そこから考え導き出された心理学の手法など、年齢の順に思いつくままを語るスタイルです。

「なんかわれながら、ちょっと情けないところがありました。みんな走り回っているでしょう、ぼくだけは母親のところにいて、情けないと思ううちにそれでも泣くやつがおったから、ちょっとうれしゅうなった、なんてね。」

このように、一貫して方言を交えたやさしい語り言葉で書かれているので、まるで河合先生が自分に話しかけているかのような気持ちになります。
後半は具体的な心理学の研究のことなど堅い話が出てくるのですが、文面から滲み出すお人柄で、私なんかは読みながら、ずっと、良い気持ち、リラックスした癒しの気分になっちゃうんですね。

中で、一番好きなエピソードは、教師として高校生と中学生を教えていたときのお話です。
高校生と接してから中学一年生の教室なんかに行くと、中学生がものすごく幼くて可愛らしい。
ああ可愛らしいなあと思って つい笑ってしまうと、生徒も釣られて笑ってしまう。
クラス中に笑いの波が広がって大きくなって、さあ、もう授業をしようと思うのだけど、呼吸を整えたところで また誰かがくすっと笑ってしまう。
そんな繰り返しで、1時間ただ笑って過ぎてしまったことがあった
というところが すごく印象に残りました。

学校の授業なのだから、具体的なお勉強を教えてもらうことは大事だけれども、この時間は生徒にとって きっともっと素敵なことを体験できた貴重な授業になったのではないでしょうか。

そしてもうひとつ印象的だったのは、子供の頃から学年で常に1,2番をあらそうほど成績優秀だった方なのに、自分では自分の苦手分野にばかり気が行って、コンプレックスを感じることが多かったとか。
しかし それが僻みや劣等感にとどまらず、謙虚さへと繋がっている。
河合先生のお人柄の魅力は案外コンプレックスから育てられた部分があったのかも知れません。



にほんブログ村 本ブログへ
記事が気に入ったらポチっとお願いします。

  
<<少年動物誌 | ホームへ | 海ゴミ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/18 13:02】 | # | [edit]
さーにんさんの素敵な解説を読んだだけで、もう全部本を読んだ気になってしまいましたわ。 私もこういう本も、ちゃんと読まなきゃね~ といいつつ、同じパターンの本ばかり読んでしまう私でしたv-252
【2008/04/18 13:34】 | シャイドリーマー #8w8Th2ek | [edit]
さーにんさんの、理解力には感心させられます。

そうですね、きっとコンプレックスでさえも受け入れて、謙虚さを忘れずに
生きていられたら、とても深みのある魅力へと繋がるのでしょう。
へこんだり、打ちひしがれてもなお、向き合って、葛藤することが出来たら、
その分、人は成長するんですよね。
悩み、考えることも大切なんですよね。
【2008/04/18 14:10】 | ryoko #- | [edit]
シャイさん、ありがとうございます。
シャイさんとは本の得意分野が違うけれども、おかげで私はいつも新しい発見をもらって得をしているようで、すごくありがたく思ってるので、こんなふうに言っていただけると本当に嬉しいです。e-266
【2008/04/18 14:11】 | さーにん #- | [edit]
ryokoさん、ありがとうございます
はたから見て、ものすごく優秀な人、素晴らしい人でも、心の中ではコンプレックスを感じている事もあるのですよね。
そういうことを、頭ではわかっていても、実際の人の話を聞くと、なにか ああ誰でも同じなんだなって感じでホッとするというか。
で、やっぱりコンプレックスを持つところまでは同じでも、それをそのあとどうするかが大事なんだろうなと思うのですよね。
【2008/04/18 14:19】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/49-723251ff
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。