スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

人生で一番たくさんの花束をもらう日

2008.04.30(15:14)
080430_1348~01

昨日は、長女の所属する吹奏楽部の定期演奏会でした。
そして、彼女達高3生の引退の日でもありました。

中学では美術部に所属し、気ままに好きな絵など描いていた長女。
チームプレーの素晴らしさも味わいたいと、高校に入って選んだのが吹奏楽部でした。

彼女の入学した高校は中学校が併設されており、部活は中高いっしょ。
まったくの初心者でありながら、入部したとたんに、楽器の達者な中学生の先輩になってしまいました。

それでも1年生のあいだは、部長やパートリーダーとして指導力も演奏力もある素晴らしい先輩がついてくれていたおかげで、自分の練習に専念することができ、拙いながらも演奏の楽しさを実感していたようです。

が、2年生になったとたん、そう、去年のこの時期ですが、先輩達が引退。
そして、今まで先輩のしていた仕事=パートリーダーを長女が引き継がねばならなくなりました。


吹奏楽をはじめてたった1年の長女。
同学年で適任がいれば良かったのですが、あいにくサックスパートの高校2年生は長女1人。
楽器の習熟度も、吹奏楽のあれこれの知識も、後輩達に2歩も3歩も遅れを取っていると自覚していましたから、パートをまとめてゆく事はおろか練習指導も自分には無理、パートリーダーには上手な後輩の子をと先輩や顧問の先生に泣いて頼んだのですが、どの人にも「大丈夫!やればできる!」と軽く流され、泣く泣くパートリーダーを引き受けることに。

懸念どおり、「なんでこんな下手な先輩に従わにゃならんの」オーラが滲み出てしまう後輩達との関係は一筋縄ではいかず、彼女の高校2年生は波乱の幕開けになりました。

しかし、家では泣き言や愚痴を言いまくりの毎日でしたが、彼女は本人なり精一杯の努力をしたと思います。
サックスの自主練習やその日のメニュー作りのため、6時に家を出て学校が開門になると同時に練習室にすべりこむ日が1年かかさず続きました。
後輩達との関係を良くするため、ひそかに「部下を育てる方法」とか「こんな上司は嫌われる」系のハウツー本に走った日々もあったようです(笑)

そんなあれこれが実りだしたのは、パートリーダーも半年を過ぎた秋頃だったでしょうか。
いつの間にか、長女にとって後輩達は、掛け替えのない可愛い後輩になっていました。

定期演奏会の前夜には、後輩達から、これまでのお礼のメールが返事が追いつかないくらいたくさん届いていました。

そして迎えた最後の定期演奏会。

終わった長女のもとには、たくさんの花束が。
「やればできるって言ったでしょ」と笑った先輩、「勉強に専念しなさい」と部活に反対していた担任の先生、涙でぐしゅぐしゅの後輩達、 高校の同じクラスのお友達、同窓会気分で聴きに集まってくれた中学時代の仲良しさんたち、
祖父母、そして夫と私と次女の家族からも。

わたし、こんなにたくさんの花束をもらったの、生まれてはじめて。

と、驚きながらも喜ぶ長女が、

これまで なんだか1人ですっごいがんばってた気分だったけど、私、みんなに応援されて、みんなのおかげで部活を続けてこれたんだね

と、たくさんの花束を見つめ しみじみ言ったことが母としては一番嬉しかったです。


そして、「こんなにたくさんの花束をもらうことって、人生で今回くらいだよね」と無邪気に喜ぶ長女には、まだまだ結婚なんて遠く想像も及ばないことなのだろうな、
でも、そういう日も、きっと あっという間に来るのかもしれない、そのときも今と同じように周りへの感謝の気持ちを持てる子でいて欲しい
と思った私でした。

 
記事が気に入ったらポチっとお願いします!

 
<<ゴールデンウィーク いかがお過ごしでしたか? | ホームへ | ものすごい勘違い(夫編)>>
コメント
素敵なお話だね♪
長女ちゃん、一生懸命努力したんだね。
けなげな様子がすごく伝わってきて、
目頭が熱くなっちゃったよ。
長女ちゃん、おめでとう♪
そして、おつかれさま♪
【2008/04/30 21:27】 | ともぴぃー #iDX8.YKs | [edit]
すごく感動してしまいました。
さーにんさんの目に映る世界は、わたしの全く知らない世界なので、母親ってこういう感じなのかと少しだけわかった気がします。
さーにんさん、素敵なママですね^^
娘さんの気丈な感じ、さーにんさんに似ていませんか?(笑)
【2008/04/30 23:03】 | すやすや #r0DGmosw | [edit]
んーっ、本当、ジィ~んと来ました。

いつか努力は、報われる。
そして、コツコツ、小さな積み重ねこそが、成功への近道。
挫折しながらも、へこたれながらも、前に進むことを諦めなかった娘さん。
エライ、の一言。

そして、周りへの感謝の心を持てる子になれて、親としては、嬉しい限りですね。
なんか、こちらまで、ホッともし、心が熱くなる思いです。
【2008/04/30 23:41】 | ryoko #- | [edit]
長女さん、演奏会おめでとう&部活終了お疲れさまでしたv-254
そばで見守っていたさーにんさんもお疲れさまでした^^
わたしも中学のときサックスで学年で一人だったからパーリーしました。長女さんと似たような感じで、でも長女さんほどしっかりは出来なかったんですけど^^;、懐かしく思い出しました。

もう部活終りなんですね~
あとは受験生をやるだけかな!
頑張ってねーe-265

うちの高3娘はまだまだ部活三昧ですよ、トホホ。。。
【2008/05/01 10:50】 | sara #- | [edit]
よかったぁ~。 さすが、さーにんさんのお嬢様ですわ。 やさしいし、芯が強いわ。 ハードル乗り越えましたね。 この経験は必ず、将来に活かされるはず。 私からもv-254を贈ります。 それから、お疲れ様のv-274 もどうぞ。 お母様、ケーキつまみ食いしちゃだめですよ。 おほほほほ。
【2008/05/01 17:27】 | シャイドリーマー #8w8Th2ek | [edit]
涙出ました~~v-395
娘さんの気持ち。。さーにんさんの気持ち、すっごくよくわかります。
読んでて、私も娘や息子のこと思い出しながら・・・。リーダーになるのって、やっぱりその子の性格・人柄を見込んでのことなんですよね。
スポーツ系にしても、文化系にしても、技術が一番、素晴らしいって子より、別の子がなってることが多いです。娘さんは適任者だったんですよ^^
私もこういうの、とっても弱くて、子どもたちが何か一生懸命やってる姿見ると、いつも泣いてしまうんですよ^^。
ほんと娘さんも、側で見守っていたさーにんさんもおつかれさまでした。。
【2008/05/01 17:39】 | ふるり #YgUVdW1s | [edit]
ともぴぃーさん
コメントありがとうございます。
長女も、こんなにひとつの事に打ち込んだのは初めてで、本当に良い経験になったと思います。これで少しは根性もついたかな?!

すやすやさん
親バカな長文に最後までお付き合いくださり、なおかつ暖かいコメントまで、ありがとうございます~。すやすやさん、いい人だ~。
気丈は うーん、どうでしょうか。長女は私似で根性ないので(似なくて良いとこばっか似る親子の不思議)

ryokoさん
>挫折しながらも、へこたれながらも

いやー、まさにその通り。
長女は飲み込みの遅い子で、何をやらせても人の二倍三倍練習してようやく人並みってところがあるのです。楽器も例外ではなく、寸暇を惜しんで誰より練習していても「練習不足」とダメだしされることが多く、本当に挫折しまくりへこたれまくりの毎日だったんです~。よくぞ最後まで投げ出さずがんばったと思います。
長女もですが、周りもです。その事に気づけて感謝の気持ちを持って最後を飾れて、本当に良かったです。

saraさん

おお!saraさんもサックスやってたんですか!
そしてやっぱりパーリーだったのね。私は未経験者で娘の話もただ聞くだけで(^ ^;)ゞ

引退しても、エンジンかかるまでにまだまだ時間がかかりそうです、うちの娘。さっと切り替えられるといいんだけどねえ。。受験シーズン本番にはどうなっていることやら憂鬱ですわ。

シャイさん

まあ。 素敵なお花とケーキまで。ありがとうございます奥様。
って、私の分は~~
ないんですか、そうですかv-406

うん、たしかにハードルをひとつ、乗り越えたのだと思います。はたから見たら、たいした高さではなかったと思うけど、本人には「やればできる」自信につながったのではと。

ふるりさん

>私もこういうの、とっても弱くて、子どもたちが何か一生懸命やってる姿見ると、いつも泣いてしまうんですよ^^。

あー、分かります。
私も、長女がサックスをやるようになってから、他校の全然知らない子達の演奏とか聴いいるだけで、あーあの子達にも人目につかない努力が・・とか思って目頭が熱くなっちゃいます。
(そーゆーのをオバチャンというのだろうか・でもかまわないわーん 笑)
【2008/05/04 18:26】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/58-69176cf5
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。