スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

子供の情景

2008.05.12(23:20)
あらら、パソコンに触れない日が数日続くと思っていたら、ぽっかり時間ができちゃいました。
前記事はクイズ形式にしてしまったので、ちょっと違う話を書き留めておきましょ。

先日家の近所で ある方に声をかけられました。
「お久しぶり~!長女ちゃんは元気?」

我が家は、長女5才次女1才まで この地で過ごし、その後海外赴任等を経て8年後、長女が13才の時にまたこの地に戻ってきました。
なので、子供が小さい頃公園などで顔見知りになったお母様方が、こちらの顔を覚えていて小学校中学校の行事の際や近所のスーパーなどで このように声をかけてくださることがたまにあるんですね。

私は、だいたいお母様の顔も覚えていないくらいで、名前はおろかその方のお子さんが男の子だったのか女の子だったのか??もまったく記憶になかったりするわけです。(「B型自分の説明書」記事をご参照ください^^;;)
しかし、いかにも懐かしげに声をかけてくださった人に覚えてない とか言えないじゃないですか。
んで、毎回 綱渡り的な会話や挨拶を繰り広げることになるわけです。

で、今回声をかけてくださった方との会話からわかったことは

1.その人の子供は男の子である。
2.その男の子は長女より一学年年下である。
3.第二公園でいっしょに遊んだらしい。

の3点でした。

この情報を さっそく長女に伝え、そういう男の子に心当たりがあるか尋ねました。

さて、前フリが異常に長くてスミマセン。 ここからが本題です(^ ^;)ゞ
幼少の記憶をもとに長女が話してくれた とっても可愛いお話です。


その子かどうかわからないけど、第二公園でいっしょに遊んだ男の子で、1人とっても印象に残って覚えている子がいるよ。
わたしはその日は1人で先に公園に遊びに行ったの。
そしたら知らない男の子が1人でやってきて わたしに
「ともだちって どうやってつくるかしってる?」って尋ねたのね。

わたしは そのことを幼稚園でならったばかりだったから自信満々で
「しってるよ。 こんにちはって言えばいいんだよ」
ってこたえたの。
そしたら その子がエラソーに
「ちがうよ」
「おともだちになって って言うんだよ」
って言ったので、わたしは ちょっと泣きそうになって
「ちがうよ。 だってセンセーが こんにちはって言うって言ってたもん」
って言い返したら、その男の子は どこかへ行っちゃったの。

でも、しばらくたったら またその子がやってきて
「どうやって おともだちになるか知ってる?」
って聞くの。
で、また言い合いになって、今度はどっちも譲らず長いこと
「ちがうよ」
「ちがうよっ」
ってやりあって、
最後は「じゃ いっしょにあそぼ」ってなって砂場でいっしょに砂を掘って遊んだんだ。
ママの会ったお母さんって、多分その子のお母さんじゃないかなあ?


いや、そんなエピソードじゃ なんにもわかんないから。

そのお母さんがどこの誰かは分からずじまい、多分次にばったり会ったら私はまた綱渡り的会話をすることになるのだろうけど、おかげで思いがけず長女から こんな可愛いエピソードを聞くことができました。
子供の会話って本当に可愛くて面白いね。

 
記事が気に入ったらポチっとお願いします!

<<夏への扉 | ホームへ | さて ここでクイズです>>
コメント
かなり印象的で、可愛らしくもあり、たくましくもありますね。
こんな会話ができたのも、子供ならではの事。

なんか、譲り合いも大切だけど、思いをぶつけ合う事も
大切なんだなぁと感じさせられました。

いいですねぇ。
【2008/05/13 03:56】 | ryoko #- | [edit]
いいですねえ、子供って^^
素直でまっすぐでかわいい~v-345
たぶんその男の子は長女ちゃんとお友達になりたかったのね。
一緒に遊べて嬉しかったと思うなあ~
ほのぼのしたいいエピですね♪

【2008/05/13 11:36】 | sara #- | [edit]
可愛いエピソードですね(´∀`)
こういうのって良いですねぇ
何だか、ほんわかしてきます。
【2008/05/13 13:42】 | たかぴっぴっぴ #- | [edit]
ryokoさん
いつもながらの やさしくて生真面目なコメントをありがとうございます。いただくたび なにか私が癒されちゃってます。

思ったんですけど、わたし、我が子のことだけどこの話を10年以上も知らなかったんですよね。
こういう場に大人がいると「仲良くね~」なんて仲裁に入っちゃうから、子供本来の面白さを見逃しがちなのかもしれません。
黙って見ていれば見られた色んな面白いエピソードや子供の世界がもっとたくさんあったのかも。もったいないことした~~v-406

saraさん

そうそう、きっといっしょに遊びたかったんだよね(笑
で、どう言っていいか分からなくて。 
で、なんだかんだで結局仲良く遊んで。
可愛くて くったくなくて、子供の世界っていいよねえ。

たかぴっぴっぴさん

ホントに思わず口元に笑みが浮かぶようなエピでしょ? 
って。
たかぴっぴっぴさんとこには今まさに歩くエピちゃんがいるじゃーないですか♪ うらやましーぞ♪♪
【2008/05/13 15:23】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/64-22ee1a18
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。