スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

夏への扉

2008.05.13(15:01)
「本の山。」のMaThyさんが記事をアップされているのを読んで、久々に思い出しました。
機会があれば ここに感想を書こうと考えていた本のうちの一冊であったことを(爆)
そのときのテーマは 「元気が出る本」 にしようとも ぼんやり考えていたのでした。
さーにん的に かなり、そうとう、好きな一冊なのです。 ホントおすすめです。


しかし、MaThyさんのとこでコメントを書かせていただき、自分がいかにこの本をお気に入りであるかをしゃべったら、何か気が済んでしまいました(爆)。
なので、今回は「私はなぜこの本が好きなのか?」そして「なぜこの本を読んで元気が出ると感じるのか?」を考えてみたいと思います。
通常の本の紹介ではないので、ネタバレを好まない方はどうぞここまでで。


→   →   →   →   →   →   →   →   →   →  


さて、ストーリーを振り返ってみると、この本には3つの要素が含まれていることが分かりました。

1.勧善懲悪
2.男が理想の女を育てる
3.不老不死

1.については、胸のすくような(?)ハラハラするような(?)しっぺ返しシーンはあるものの、ことわざの 「善人栄えて悪人滅ぶ」 の方が近いかな。まあ、悪いやつが惨めな末路となり、正しきものが幸せになる結末というのは文句なく読者を納得させ、幸せな気分にしてくれます。

次に2.ですが、「男が理想の女を育てる」ストーリーは、「源氏物語」もそうですし古今東西いくらでもありますよね。
すたれず紡ぎ続けられる物語の形というのは必ずしも男性側からだけの夢というわけではなく、女性もそういうのが好きなのだと、つまり万人受けするお話しということなのだと思います。
「男が理想の女を育てる」というとちょっと実も蓋もない言い方かもですが、「足長おじさん」や「マイフェアレディ」もそうですし、私もこれらのお話しが大好き。
で、「夏への扉」の場合、SFの特性を活かして これ以上ないくらい理想的な状態で意中の女性と幸せになるわけですから、もうもう文句なしってもんです。

最後の3.は2とも少し関係がありそうに思えたりもしますが、それよりSF要素抜きの主人公の友人夫妻ですね。
明るく幸せに年を重ねた結果、まるで昔と同じくらい若々しくみえる という。
ですので本当の意味での不老不死とは違いますけど、「いつまでも若々しい」っていうのは やはりなにか読む者に希望とか夢とか与えるのだと思うのですよ。
えっと、けっして今わたくしが若さにビンカンなお年頃だから ではありません(爆)
はじめて読んだ10代の頃といえば どこか若さを持て余していたものですが、それでも いいな と思ったのですから。

もちろん上記の要素を詰め込めば もれなく「私の好きな」「元気の出る」小説になるわけではなく、「夏の扉」も ひとえに作者の力量があって素晴らしい作品に仕上がっています。

具体的には、思わず応援したくなる主人公、SF小説でありながらSF初心者がまごつかずにいられる親しみやすさと新鮮さ。それに読み出したら止まらないくらいスリリングで面白いストーリー展開。

これらがタッグを組んで夢と希望の三要素にアタックしハッピーエンドをむかえるわけですから、そりゃやっぱ元気も出るし、うわーこの小説良かったな~って読後感も最高になるってもんですね。うん。と自己完結。すみません。

にほんブログ村 本ブログへ
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

 
<<母の日のエピソード | ホームへ | 子供の情景>>
コメント
う~ん、やっぱりハッピーエンドはいいですよね。
源氏物語、とても切なく読んだ記憶があります。
【2008/05/13 22:33】 | ryoko #- | [edit]
おお、ryokoさんは「源氏物語」読んだのですね。私はずっと「読み途中」のまんまです、訳本なんですが、かれこれ3年以上・・・どこまで読んだっけな、、、とほほです
【2008/05/17 18:32】 | さーにん #- | [edit]
今頃気がついた無礼者が参りました。
もう少しで全く気がつかないところでしたが、良かった良かった。

もうこの本の表紙の猫を見るだけで反射的にちょっといい気分になります。
良い絵ですよね。

さーにんさんほどは全く読めてなかったですが、おっしゃる通り、人が好きそうなテーマで作られてますね。
まあ、もちろん僕も好きなわけでして。
後、猫も好きなわけでして。

いや、また幸せな気分に浸れました。
どうもありがとうございます。
【2008/05/18 17:58】 | MaThy #OARS9n6I | [edit]
はうっ MaThyさん、こちらこそ。
名前をお借りしておきながらお知らせもしていなかった無礼者で申し訳ございません~~
どうも今回のはエグみの強い記事になっちゃったので、読んでいただくのも何か申し訳ないかな と。。
しかし、表紙の護民官ピートに救われた模様。ああ良かった。
【2008/05/26 19:54】 | さーにん #- | [edit]
この記事を読んで、「夏への扉」を読み返してみました。やっぱり感動しました。
【2008/07/07 12:08】 | 原口 #- | [edit]
はじめまして。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
スリリングで面白かったですね

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
【2008/09/20 04:42】 | 藍色 #- | [edit]
ごめんなさい。
URL間違ってました(汗)。
【2008/09/20 04:44】 | 藍色 #- | [edit]
藍色さん

コメントとTBありがとうございました。
こちらからもご訪問させていただきました♪
【2008/09/20 13:52】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/65-506a66c5
  • 夏への扉 ロバート・A・ハインライン【粋な提案】
    夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))(1979/05)ロバート・A・ハインライン福島 正実商品詳細を見る カバー絵・中西信行。再読。SFのオールタイムベス...
【2008/09/20 04:36】
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。