スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ソロモンの指輪

2008.05.30(11:16)
みなさんは、自分の人生を変えた本ってありますか。
今日ご紹介する「ソロモンの指輪」は、私の友人が自分の人生を変えた一冊として教えてくれた本です。
彼女は高校時代に この本を読んで生物学を学びたいと考え、志望大学を美大から理系に変更。
そして、医者になりました。



私が友人にこの本を教えてもらったのは大人になってからでしたので、進路の変わりようもありませんでした。
が、それでもこの本によって自分の生活はずいぶん大きな、良い影響を受けたと思います。

ひとつは、アクアリウムがその中で生態系が完結する小宇宙になり得ることを知り、自分でも熱帯魚飼育をはじめたこと。
一生の趣味を見つけちゃいました。

  それから もうひとつは、この本によって動物行動学に関心を持ち、読む本の幅がぐんと広がったこと。
ゾウの時間ネズミの時間」の本川達雄さん(最近はテレビで講義内容を作詞作曲して歌う「歌う生物学者」として有名ですね)、以前ブログで著書 「少年動物誌」 (記事)をご紹介した河合雅雄さん、また この本の訳者でもあるご自身も動物行動学者の日高 敏隆さんの著書、、、
ソロモンの指輪」という たった一冊の本が、数えあげればキリがないくらいたくさんの本へと私を誘って、いまでも生き物や動物について知る楽しさや驚きは尽きません。


さて、この本の中身ですが、大きく分けて、はじめに水中の生き物(私が感化されて魚飼育をはじめるきっかけになった部分)、次に鳥、最後に犬と狼、そしてペットとしての動物について書かれています。

鳥の部分には有名な雛鳥の「刷り込み」を発見した顛末が書かれており、犬や狼の部分には、殺傷能力の高い動物は種の保存本能から仲間同士の殺し合いをさけるという いわゆる「群淘汰説」の考えが主張されています。

「群淘汰説」は その後さまざまな研究が明らかになるにつれ否定されてしまいましたが、本の隅々にあふれだす著者ローレンツ氏の生き物への愛情は今も色あせることなく、読む人の心にしみわたり感動させます。
ソロモン王は動物と会話のできる指輪を持っていたと言われていますが、そんな宝物がなくても、人がひたすら忍耐強く謙虚に愛情を持って接すれば、動物と心を通わせる事が出来る、会話だってできる。
私には そのことが本の主題であるように思え、 そして、学説がどうであろうと これこそがこの本の真価だと思えるのです。



にほんブログ村 本ブログへ  


記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

 
<<5月の読書 | ホームへ | (中高生が選ぶ)小学生に薦めたい本って?>>
コメント
この本は、ドイツ語の授業でちょっと読みましたね。
面白かったです。
動物好きなんだな、って雰囲気がとても良い印象でした。

書いている人には失礼かもですが、理論の正しさは二の次ですね(笑)
【2008/05/30 15:52】 | MaThy #OARS9n6I | [edit]
理論の成否は、二の次で、
何を伝えようとしているのか、
人の心に響くのかが、私にとって、大事です。
心のこもった作品は、幾つになっても読んで感動できるものですよね。
【2008/05/30 16:55】 | ryoko #- | [edit]
人生を変えた本って、すごいですね。
やっぱり、そういうのに出会うんですね~
私は、本を読まないので、そういう本に出会う事もないんだけど、
主人が結構好きで、
人生を変えた本があるみたいです~。
【2008/05/30 20:51】 | ともぴぃー #iDX8.YKs | [edit]
自分の人生をかえた本。。あ~~そこまでの本って、残念ながら思い出せないわ~~^^
それなりに、読んだ時は心に影響受けるんだけど。。
「いまでも生き物や動物について知る楽しさや驚きは尽きません。」このさーにんさんの言葉に感動しました。。
【2008/05/30 21:20】 | ふるり #- | [edit]
人生を変えてくれるほどの本と出会ってません。
今からでも出会えたら幸せですね~v-345
楽しみにして本をもっと読もうと思いまーす^^v
【2008/05/31 13:32】 | sara #- | [edit]
MaThyさん

さすがです、原書ですか。そういえば私はドイツ語はさっぱりなので、文中に出てくるペットのドイツ語名が覚えられなくて苦労したのを思い出しました。

ryokoさん

ローレンツ博士の生き物に対する愛情は本当に素晴らしいです。
追認のために他の研究者が同じ手順で実験をしても、生き物への愛情が同じくらいなければ、同じ結果は得られないのではないかと思うくらいです。

ともぴぃーさん
おお。ともぴぃーさんのご主人はコレ!という一冊に出会った方なのですね。いいなあ。私は、そこそこ本は読んでいたと思うけど、人生を変えるほどの本は思い浮かびません・・感性が鈍いのかも・・

ふるりさん

そうそう、私も同じです!
読んだ時は感動したり影響を受けたりもするけれど、人生の方向を変えるほどの本には出会ってない気が・・

saraさん

そうですね、人生を変えるほどの本、今からでも出会えたら幸せだなあ。
私達の年代になると、出会った時には進路的な生き方ではなく、考え方が変わるのかもですね。
【2008/05/31 17:04】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/75-70bdd24e
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。