スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国はいかにチベットを侵略したか

2008.06.20(19:09)
中国がチベットへの侵略をはじめた1950年からチベットの抵抗勢力が遂に解体させられた1972年までに、チベットではどのようなことが起こったのでしょうか。

本書で著者は、侵攻当時チベット抵抗勢力の主要な一角を担った人々へのインタビューをもとに、ところどころにダライラマの自伝を引用しつつ、当時の様子をチベットに住む人々の目線から再現しました。

中国はいかにチベットを侵略したか中国はいかにチベットを侵略したか
(2006/02)
マイケル ダナム

商品詳細を見る


「チベットを開放する」と宣言してチベットに侵攻した中共軍は、現地で120万人ともいわれるチベット人を殺しました。
死者の多くは兵ではなく一般のチベットの人々です。
人間の尊厳を徹底的に踏みにじられた挙句殺された多くの一般人、僧や尼僧、そして情け容赦なく殺された幼児や赤ちゃん、、、。
言語を絶する非人間的な殺戮の様子にここでは具体的には触れませんが、人が人に対してなぜこんなことができるのか、人をここまで残酷にできるものが何なのか、深く考えこんでしまいました。


争いごとの際に古今東西で非人道的な虐殺が繰り返されているとしても、チベットの人々に加えられた弾圧、虐殺はことに凄まじい。
その背景には、侵攻を受けた当時のチベットは鎖国状態で通信網なども未発達だったため世界に訴える知恵と術が不足しており、侵攻国側が自国に都合の良い内容のみを対外的に発表することが可能だったことがあります。

侵攻から60年近くたった今でも、その全容のすべてが明らかになったとは言えないでしょうが、今ではインドにチベット亡命政府を樹立したダライラマが節目節目に発する声明だけでなく、一般のチベットの人々の声も世界に届き始めています。
チベットで起きた事にうすうす気づいた人々が問題意識を持ち、知ろうとし、知ったことを世界に伝えようとしているからです。

「中国はいかにチベットを侵略したか」もそうした試みの一冊と言えると思います。
インタビューを積み上げた構成は非常に衝撃的ですが、説得力にあふれています。
人々の関心を集める力のひとつたりえる本だと思います。

世界のあらゆるところで人々が関心を持ち目を向けることは、国家レベルの非道なふるまいへの抑止力になり、当事国も情報を隠蔽することが困難になってゆきます。
問題解決のために必要不可欠な、当事国同士の公式な対話の場を持つことを拒否することも難しくなるでしょう。
当事国同士の公明で誠実な対話が重ねられ、1日も早く問題が解決しチベットに平穏な日々が戻るきざしが見えますように。
私は今後も機会を見つけて、チベット関連の書籍を読んでいこうと思っています。

関連記事  囚われのチベットの少女


にほんブログ村 本ブログへ  
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

<<カメレオンのための音楽 | ホームへ | 新解さんの謎 >>
コメント
チベットの問題。。今回聖火を巡っての報道で明るみにでましたよね。
私も今回のことがなかったら、知らずに見過ごしていました。そうですね、こういう本も読んでみる価値がありますね。。
【2008/06/22 17:04】 | ふるり #- | [edit]
ええ、私も今回の聖火のゴタゴタでチベット問題を知ったようなものです。
同じ時代に生まれながら、生まれた場所によって過酷な運命を強いられたり、短い命が散ってしまったりする人々がいるのですよね。こういう事は、天災だけでたくさんです。人為的なものは、人が努力して失くしていかなくては と、切に思います。
【2008/06/23 00:02】 | さーにん #- | [edit]
チベットと中国の事を私ははっきりと知りませんでした。
昔見たブラピの映画のダライラマのイメージしかなくて。
中国の歴史を見るたびに漢民族と周辺民族の攻防の繰り返し。チベットは今も苦しんでいますね。チベットを思うと中国の思想の暗い部分に滅入ります。

日本も昔他国に侵攻し虐殺した歴史があり、大陸ではない島国であったことが救いだったんだなあと思います。
「篤姫」の時代を見ていてもチベットにならずに済んだのは海のおかげかな(それだけではないですが)とも思いますね。
今、日本ができることはないんでしょうか?
【2008/06/23 11:32】 | sara #- | [edit]
ブラピの映画って「セブンイヤーズインチベット」ですね?
私は見たいと思いつつまだ見てないの。やっぱり近々レンタルで見てみようっと。
日本は途中で戦争に負けてしまったので、あのまま勝ち続けていたら、他国にもっと酷いことをしていたかもですよね。それでも、いまだに戦後補償とか靖国とか色々責任を問われたりしているのに、今問うている国は、自分達がその問われる立場になる日が来ることを考えていないのかと不思議な気がします。
【2008/06/24 15:34】 | さーにん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saanin.blog118.fc2.com/tb.php/99-20a4f5e1
【2008/08/28 09:55】
| ホームへ |
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。