日記

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. Water for Elephants(08/17)
  3. 怒られた(07/31)
  4. まあ、いいけど(06/26)
  5. トラックバックテーマ 第1208回「心にきた名言」(06/08)
  6. 「親やまわりの大人に相談しましょう」(05/17)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Water for Elephants

2011.08.17(23:44)
Water for ElephantsWater for Elephants
(2011/05/17)
Soundtrack

商品詳細を見る


夏休みに10日ほどアメリカへ行ってきた。
娘たち2人とともにニューヨークで単身赴任している夫のもとへ遊びに行ったのだ。

飛行機は、行きも帰りもアメリカン航空(安かったから)。
安いせいかどうかわからないけど、機内の映画番組は行きも帰りも同じだった。
たいして面白い番組はやっていなかった。なかで、唯一面白かった映画がこれ。

行きと帰り、あわせて5回もこの映画だけ見てしまった(笑)。

サーカスが舞台でいろんな動物が出てきて、なかでも主役が象、というのもいい。
敵(?)役のオーガストのキャラクターと、演じている俳優もいい。
ちょっと「レオン」で刑事役をやったゲイリーオールドマンのいっちゃってるエキセントリックな感じを思いだす。

なにより主人公とヒロインがなんともいえずいい。
特に主人公の男の子はクレジットを見ても知らない名前だったけど、すごく良かった。
微苦笑というような、表情で演技できる俳優さんだ。
日本に戻って検索したら、けっこうヒットした「トワイライト」という映画で主演した人らしい。

ロバート・パティンソン。注目である(笑

怒られた

2011.07.31(15:10)
あることでミスをしてしまい、ペアを組んでいるパートナーの方にもご迷惑をかけてしまった。
幸いミス自体はすぐに修復できたのだけど、ペアの相手に、かなりしばらくのあいだお小言をちょうだいした。

他人に怒られるというのは、考えてみるとものすごく久しぶりのことだ。
もちろん全面的に自分が悪かったので、
「たいへん申し訳なかった」
「失礼しました」
など謝罪の言葉を口にしたのみであったのだけれど、あまりにくどいのでしまいに辟易してしまった。
思わず
「前にあなたが同じことをしたとき、私は何も言わずフォローしたよね」とか
「しかも2回あったよね」とか言いたくなってしまったよ。言わないけど。

そして、つい、彼女はきっと自分のお子さんにも同じような怒り方をしているのだろうな、
悪いと思っていることをしつこく責められたら、反発心しか残らないよな。
などといらないことまで思ってしまった。
そして、人に怒るって難しいことだなーともつくづく思ったのであった。

まあ、いいけど

2011.06.26(16:28)
昨日ベランダに立派なオスのクワガタが迷い込んできた。

せっせと歩いているのを観察していたら、やがて隣家のベランダへ移動した。
と思ったらUターンして戻ってきた。

とても立派なクワガタなので、どこかのお宅の子供が飼っているのが脱走したのかなあ
でも近くの林から来たのなら捕獲しないほうがいいかなあ
などとぼんやり考えながら見ていたら、またUターンして隣家へ行ってしまった。

今度は洗濯物を干し終えても戻ってこなかったので、なんとなく安心して部屋へひっこんだ。

が、夕方洗濯物を取り込みにベランダへ出たら、また戻ってきていた。

やっぱり迷いクワガタかも、と思い、
進行方向に水やり用の容器を横向きにして置いてみたら、あっさり入ってくれたので
そのまま捕獲。

クワガタ入り容器を持って下に降りてみると、
ちょうど通いの管理人のおばちゃんが植木に水やりをしていたので
「あの」と見せた、とたんにおばちゃんに
「まーありがとう!うちの孫男の子だから喜ぶわあ」と言われてしまった。

私としては、どこかの子の脱走クワガタかもしれないので管理人室で預かってもらうとか、
貼り紙してもらうとか、
なんか そんなことを考えていたんだけども。

でも、まあ、そうじゃないかもしれないし、
っていうか、いきなり「ありがとう!」って言われたら
「はあ」としか言えなかったよ。

クワガタとしても、土も草もないベランダを彷徨っているよりは
虫好きの男の子のもとで飼ってもらうほうが良かっただろう。

同じマンションの、どこかのお宅で
「クワガタ逃げちゃったー」とがっかりしている子供がいないかだけが気がかりだけれども。


トラックバックテーマ 第1208回「心にきた名言」

2011.06.08(01:37)

こんにちは!トラックバックテーマ担当の藤本です!今日のテーマは「心にきた名言」です映画のキャッチコピーや、雑誌のキャッチコピーはたまた好きな人に言われた言葉だったり人によって感激した名言が沢山あると思うのですが今回のテーマは、そんな素敵な名言です私の心に残る名言は「私のクライアントはいつの日も自分自身だった」�... トラックバックテーマ 第1208回「心にきた名言」



「やらなきゃやる気は出ない」

もとは大学受験を控えた娘が当時の担任に言われた言葉。
勉強に限らず、なんにでもいえることなのかも。
教えてもらって私も「その通りだな」と思うことが多々あり。
身近な掃除でも食事の支度でも、取り掛かるまでは面倒で、
でもやりだすと、どんどん興がのって捗ったりして。

やる気が出ないな~というときには、とりあえずこの言葉をつぶやいてみる。
まあ、それでやり始める時もあれば、そうじゃない時もあるわけですが。

「親やまわりの大人に相談しましょう」

2011.05.17(15:18)
子供が困ったことに遭遇したとき
「親やまわりの大人に相談しましょう」というのは正しいと思う。

ひとりで抱え込まないで、相談すること。

とても大事だと思う。

さいわいうちの娘たちは、そうしてくれている。

こんなことしちゃった、怒られるかもしれない と思いながら。
こんなことを話すのは恥ずかしい と思いながら。
手に余る事態になる前に、話してくれている。

それで私も対処するわけだけど、
どう対処してよいかすぐには決断できず悩んだり、
えええ と驚いたり、青くなったり。

娘たちといっしょに怒ったり悲しんだりしながら
  なんとか対処するわけだ。

子供だけではどうにもならない、早めに相談してくれてよかった。

とは思うものの、こちらもいちいち戸惑い悩む。

「親やまわりの大人に相談しましょう」は正しいし、
それさえできれば何とかなりそうな安心感を覚えるフレーズに感じる。

けど、安心感の源のかんじんの親(私)は、なにかあるたび
いちいちおろおろするのだよ。

前ページ | ホームへ | 次ページ
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。