娘達のこと

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 違いの分からない娘?(06/25)
  3. 違いの分かる娘?(06/24)
  4. 高3長女試験中(06/09)
  5. 次女子不在(06/01)
  6. 母の日のエピソード(05/13)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

違いの分からない娘?

2008.06.25(08:05)
昨日の日記で、長女がミネラルウォーターと水道水の違いに気づいた話を書いたのですが、実はもっと以前にこんなことがありました。

彼女が中学生の時の話し。
当時もやはりペットボトルにミネラルウォーターか麦茶を詰めて学校に持って行っていました。
で、あるときお弁当にサンドイッチを作ったので、水や麦茶よりアイスティの方が合うんじゃないかと母は思ったわけです。
たまには目先を変えた飲み物もいいんじゃないかと。
で、アイスレモンティを作ってペットボトルに詰めたんですね。

すると、その日学校から帰ってきた長女が言うのです。

⇒違いの分からない娘?の続きを読む

違いの分かる娘?

2008.06.24(12:28)
長女が毎日学校に持って行く飲み物は、大体毎日ミネラルウォーターです。
500mlのペットボトルで持って行くのですが、毎日新しいのを持っていくとゴミもすごいし不経済。
なので、2リットルのミネラルウォーターを買っておいて、中身だけ詰め替えて1本のペットボトルを3回くらい使ってもらっています。
たまに麦茶を持たせるときも、ミネラルウォーターのペットボトルに入れちゃいます。
ホントは水筒を使うといいんだけど、かさばるから嫌がるんだよね。教科書とか参考書とかでカバンの重さが5,6キロになるから仕方ない。

で、詰め替え用にせっせと2リットルのミネラルウォーターを特売を狙っては買い置きしているさーにんですが、ある時ふと「水道水って、軟水だよね?」と気がつきました。(長女は軟水派で硬水は飲まない)。

水道水が軟水ならば。 
カルキ臭を取って冷たく冷やせば(水の味は水の温度でおいしく感じるらしい)、ミネラルウォータの代わりになるんじゃないの?(にやり)

⇒違いの分かる娘?の続きを読む

高3長女試験中

2008.06.09(18:33)
長女ただいま中間試験のまっさいちゅう。
彼女は今回の試験の結果で、AO入試に必要な点数をまかなわねばならないらしい。 (あと0.2点足りないとか)。
彼女の言うところによれば、AO入試で合格するのは宝くじに当たるようなものだが、今の彼女はお金が足りなくて宝くじを買うことさえできない状況なのだとか。

というわけで、塾も個別の追加授業を入れたりして、本人わりと必死。
しかし、その塾での個別授業の様子を聞いたところ・・・・

⇒高3長女試験中の続きを読む

次女子不在

2008.06.01(23:10)
次女のいない週末です。
自然体験学習に行ってます。
たかが2泊3日ではありますが、次女、出かける前に家族それぞれに言伝を残してゆきました。

まず、お姉ちゃんには、次女の大切なペットゆきちゃん(ジャンガリアンハムスター)のエサの世話をくれぐれも頼む と丁寧にお願いし。
つづいて夫には、わたしのおやつを食べないでよっ!と鋭く威嚇し。

最後に私には、自分のいない間の夕食に、コロッケとハンバーグと餃子とスパゲッティは絶対作らないでねと懇願。

次女子の心配事は、食べ物の事ばっかりやん(笑)
まだまだ色気より食い気の13才だわ(笑)

で、今夜の夕食はお地味に焼き魚でしたから。 次女子、早く帰っておいでね。

  にほんブログ村 本ブログへ
記事が気に入ったらポチっとお願いしま~す!

母の日のエピソード

2008.05.13(16:03)
今年の母の日もプレゼント(by長女)や肉体労働奉仕(by夫&次女)など、母への感謝を忘れなかった さーにん家ですが そりゃもちろん忘れたらあとが怖いですもんね。
おそらく さーにんすねまくり(爆)

で、我が家のことは置いといて。 昨日次女が面白い話をしてくれました。

中学2年生といえば反抗期まっさいちゅうのお年頃。
我が家の次女も たまに むっかーーとするようなコトを口走ったりするわけですが、周囲のお友達の中には お母さんと殆ど口を聞かない とか、いつも親ムカツクみたいなことを言っている超強力反抗期娘たちもいるそうです。

で、母の日当日も通常通り夕方まで部活のあった次女。
いつもだと、終わってから徒歩15分のところ、1時間くらいかけて帰ってきます。
途中でお友達と立ち話してるんです。

次女はその日は肉体労働奉仕を予定していたので、いつもの立ち話ポイントに着き、話し始めてすぐ
「ゴメン、わたし先帰るね」
と言ったところ、その場にいた子達みんなが なんだかそわそわしはじめたとか。
てっきり「そんなのカンケーネー」だと思っていた超強力反抗期娘たちまでもが
「うん、そうだよね、今日母の日だもんね」
と頷き、結局みな一斉にそれぞれの家へ帰って行ったそうです。

お母さんの事、いっつもムカツクとか言ってる子が  なんだか嬉しそうにさ~ ちょっと小走りとかで家に帰って行っちゃって。
わたし、それ見て あーみんな なんだかんだ言って やっぱお母さんの事好きなんじゃん♪ って思ったんだ。


と、にこにこしながら次女が教えてくれた今年の母の日のエピソードでした。

 
記事が気に入ったらポチっとお願いします!

前ページ | ホームへ | 次ページ
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。