1. スポンサーサイト(--/--)
  2. シクラメン(10/18)
  3. サーカス象に水を(10/10)
  4. 春にして君を離れ(09/02)
  5. Water for Elephants(08/17)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

シクラメン

2011.10.18(21:53)
花が終わってかれこれ半年間ベランダに放置していたシクラメンの鉢。
2度目の冬を越して花をつけたものの、咲く時期もずいぶん遅かったし花も小さくなってしまった。
さすがに寿命だろうと思い、そのうち片づけるつもりで半年たってしまったわけ。

それが、ふと気づいたら、新しい葉っぱが芽吹いているではありませんか。
もう、まったく、本当に驚きました。
半年間ただの1度の水やりもしていなかったので、鉢はからからに乾いてとても軽い。
その鉢の枯れ果てた葉の間から、濃い緑の新しい葉が何本も突き出してました。

とりあえず、枯れた葉や茎をすべて取り除き、からからの土に水分を含ませるため
水を張った洗面器に鉢をつけこむ。

mini_111013_13250002_convert_20111013162107.jpg

↑なんとなく蘇ったシクラメン。

クリスマスごろ花屋の店先に並ぶ立派なシクラメンのようにはならないだろうけど
これまで放置していた罪滅ぼしに、またお世話してみよう と思う。

それにしても、歌の影響か(?)シクラメンって はかなげな印象があるんだけど、
案外たくましくて丈夫な花なのかもしれない。

サーカス象に水を

2011.10.10(02:05)
サーカス象に水をサーカス象に水を
(2008/07/10)
サラ グルーエン

商品詳細を見る


8月に紹介した映画 Water for Elephantの原作です。

原作を読んで、映画はかなり原作に忠実に作られていたことに気が付きました。
ただ、原作が主人公とヒロインの恋を軸に禁酒法の時代のアメリカの世相や人種問題、また普遍的な老いの悲しみなど、いろんな要素の混じりあったハーモニーを奏でるオーケストラだとしたら、映画は2人の恋に焦点が絞られたアンサンブルの印象です。
もちろん映画でもその他の要素はあったので、ロバート・パーティンソンはじめ素敵な出演者の顔や演技ばかりに気を取られた見る側の問題かもしれないけれども。

アメリカでは原作本は口コミから人気が出てベストセラーになったそうです。
禁酒法や大不況の時代に大陸横断鉄道でやってきたサーカスというのは、ことのほかアメリカ人の郷愁を誘うものだそうで、そういった理由もあったのでしょう。
日本では残念ながら知名度が低く、今のところ初版のみの出版のようです。
AMAZONでもマーケットプレイスのみの取り扱い、地元の図書館にも置いていませんでした。
私たち日本人にとって郷愁は誘わなくても、良い本には違いないので、もう少し取り扱いが増えるといいなあと思います。
映画の日本公開が決まればまた違ってくるのでしょうね。

春にして君を離れ

2011.09.02(17:40)
春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/04/16)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る


はじめて読んだのは中学1年生のとき。
つまらない、よくわからない、おもしろくない、
がっかり、期待はずれ!と思いながら、どこかしら心に残る部分があったようだ。
大人になって、いつ頃からか、いつか再読しようと心に引っかかっていた。
そして、今回やっとその機会がめぐってきた。
書くのは気が進まないのだけど、なんと四半世紀以上ぶりの再読である。

結論から言えば、すごく面白い小説であった。
読んでよかった。
と同時に、子供だった自分が読んで面白くなかったのも無理はないとも思った。

だいいちに、この小説は大人向けである。
自分の心の内面を探るお話しなのである。

そして、クリスティなのにミステリではないのだ。
なにひとつ事件は起きない。
「オリエント急行の殺人」にはじまり当時クリスティに大はまりして、
手当たり次第クリスティを読み漁っていた自分が
この小説に行き当たってがっかりしたのも無理はない。

今回あとがきの解説を読んで初めて知ったことだけど、
クリスティはミステリファンの読者のために、 この小説は別名で出し、
相当期間が過ぎるまで本当の作者名を明かさぬよう遺言していたらしい。

出版社にしてみれば、クリスティの名前がなければ売れないだろうし
期日が過ぎればクリスティシリーズの一冊として出版するのは当然だ。
私にしたって、聞いたことのない外国人作家の小説として世に出ていたら
この本を手に取ることはなかっただろう。

けど、せめて、出版社の方は帯とか背表紙の内容紹介とかで
「これはクリスティだけど、ミステリではありません」とか
「殺人や失踪や事件は一切起こりません」とか
周知してくれたらいいのにと思うのだ。

そして「大人のあなたにお勧めしたい一冊」とかの宣伝も
同時にしてくれるといいと思う。
だって、クリスティだけどミステリでないこともそうだけど、
上質の小説であることも本当だから。

再読できてよかった。

Water for Elephants

2011.08.17(23:44)
Water for ElephantsWater for Elephants
(2011/05/17)
Soundtrack

商品詳細を見る


夏休みに10日ほどアメリカへ行ってきた。
娘たち2人とともにニューヨークで単身赴任している夫のもとへ遊びに行ったのだ。

飛行機は、行きも帰りもアメリカン航空(安かったから)。
安いせいかどうかわからないけど、機内の映画番組は行きも帰りも同じだった。
たいして面白い番組はやっていなかった。なかで、唯一面白かった映画がこれ。

行きと帰り、あわせて5回もこの映画だけ見てしまった(笑)。

サーカスが舞台でいろんな動物が出てきて、なかでも主役が象、というのもいい。
敵(?)役のオーガストのキャラクターと、演じている俳優もいい。
ちょっと「レオン」で刑事役をやったゲイリーオールドマンのいっちゃってるエキセントリックな感じを思いだす。

なにより主人公とヒロインがなんともいえずいい。
特に主人公の男の子はクレジットを見ても知らない名前だったけど、すごく良かった。
微苦笑というような、表情で演技できる俳優さんだ。
日本に戻って検索したら、けっこうヒットした「トワイライト」という映画で主演した人らしい。

ロバート・パティンソン。注目である(笑

前ページ | ホームへ | 次ページ
カレンダー

カテゴリー

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
読書カレンダーBLACK
本好きが集まるSNS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。